世界のタクシー料金事情!旅行中に損しない方法

旅行先で使うことが多いタクシー。海外のタクシー料金をチェックしてみよう

海外旅行でパッケージツアーの場合は、移動もすべて準備されていますが、わずかな自由時間、タクシーを使って観光する機会はありますよね。

そこで知っておきたいのが各国のタクシー事情。

特に料金は相場を知らないと大変な目にあってしまいます。

海外の安い料金に驚き

日本のタクシーは世界の中でも料金は高めです。

日本の物価はとても高いので、海外から来た観光客の方は大変ショック受けることがあるでしょう。

特に移動の足として使うタクシーは、値段が高いと観光も楽しめなくなりますよね。

そこで1000円あったらどこまでいけるのか、海外タクシーの走行距離の比較をしてみましょう。

一番遠くまでいけるのがインドです。

1000円でなんと86,960kmも走行できるため、コスパは大変よい国の一つですよね。

それぞれの国ではチップ制もありますので、料金以外にも数百円支払う必要がある場合もあります。

また観光地ならいいのですが、治安の悪い場所になるとタクシーを乗るとは大変危険な場所もあります。

運転手に料金をボラれてしまったというケースもありますよね。

海外旅行に行く際は、くれぐれもその国の治安を基本にタクシーを利用することが必要です。

さて料金がとても安い海外ですが、インドに続いて1000円で長距離走れるのがタイ、バンコクです。

タイは日本人観光客もたくさんいますので、タクシーは観光には欠かせない大切な移動手段になっています。

多少の距離ならば歩こう、と考えるのは日本のこと、海外では安い料金でタクシーを乗って楽々に移動できるメリットがあります。

では欧米ではどれくらいの距離が可能でしょうか。

日本人がたくさん訪れるハワイの場合は世界のランキングの中でも15位とそれほど安いわけではありません。

またアメリカのニューヨークになると13位で、1000円で走る距離は8,400kmと言われています。

ちなみに日本は25位、2,896kmです。

クオリティの高いタクシー

日本のタクシーに乗った外国人が必ず驚くのがドアが自動で開く点です。

私たちにとっては当たり前のサービスも、海外のタクシーと比べると大違いのようですね。

日本人観光客が海外でタクシーを乗るときに、ドアが開くのをいつまでも待っているなんて光景もあります。

それほど国によってサービスが違いますので、料金とのバランスを考えるのも大切ですね。

世界の中でもタクシーのサービスが大変質がよいと評判なのがイギリスのロンドンです。

タクシーの運転手になるためには、観光地情報をしっかり把握して試験を受けないと運転手にはなれないようです。

また外国人観光客に対しても大変優しく丁寧に対応をしてくれる点など、やはり伝統のある国らしくイギリスのタクシーは上品なイメージがありますよね。

日本のタクシーの場合は値段が高いというデメリットがありながらも、サービス面では世界で3位とかなり評価をされています。

しかしちょっと乗っただけでもすぐに数千円、しかも渋滞が多い都内などはタクシーはかえって気分を害する乗りものになってしまう可能性もあります。

海外では自分で扉を開けて乗るのが当たり前ですが、アメリカなどはチップの額によっては人によってとても丁寧なサービスを提供してくれる場合もあります。

またアメリカでは個人タクシーの「UBER」というサービスが人気になっていますので、アプリを使っていつでもタクシーを見つけることができます。

タクシーに日常的に乗ることはそれほどありませんが、たまに乗ったときは快適なサービスで移動ができるといいですよね。
 

初乗り料金の違いについて

日本のタクシーの場合は、会社によって料金が異なり初乗り料金も多少異なります。

気になる料金のメーターを見ながらハラハラした経験はありませんか?

大した距離でもないのに、意外な料金を取られてしまったという場合もありますよね。

日本の場合は時間、走行距離などいろいろな要因で料金が上がる仕組みになっています。

そこでチェックしたいのが初乗り料金です。

一番料金が高いのがロシア。

初乗り料金は日本円で約1,050円、1㎞乗った場合は1100円もかかってしまいます。

こんなに値段が高いのなら、1㎞ぐらいなら歩いたほうが絶対にお得です。

海外旅行での落とし穴の一つ、タクシー料金はあらかじめ調べておいたほうが安全ですよ。

ロシアについで料金が高いのが日本です。

初乗りは会社で異なりますが、全国で平均すると約700円、1㎞乗ったら1000円ほどかかります。

この料金をみてもわかるように、急ぎの場合や天気が悪いときはタクシーが便利ですが、少しの距離ならば絶対に歩いたほうがお得です。

では同じアジアの国のタクシー事情をチェックしてみましょう。

韓国は車の数も多く、運転がとても荒いといわれていますが、タクシーの初乗り料金は240円、1㎞で340円ととてもお安いですね。

観光で訪れたときは複雑なバスに乗るより、簡単なタクシーでお得に移動をしましょう。

そして中国の場合ですが、初乗り料金は200円、1㎞で240円とこちらも大変お安くなっています。

しかしどこにいっても日本人は外国人からみるとお金持ちに見えるようで、タクシー料金も高く請求される場合もありますよ。

一日貸し切りで乗る場合

海外の観光地で移動手段がないときの強い見方がタクシーです。

どこの国にいっても主要都市にはほとんどといってよいほどタクシーが存在しています。

少しだけの移動であれば、料金にそれほど問題はないかもしれませんが、一日タクシーで移動をするとなると、心配になるのが料金ですよね。

タクシーを借りて一日観光する場合は、あらかじめ旅行代理店やツアーコンダクターと相談をして料金相場を聞いておきましょう。

また一日乗っていたほうがお得になる場合もありますので、行先が決まっている場合や、お任せで観光をしてもらうなど、目的もはっきりさせておきましょう。

長時間乗る場合は、料金がいくらになるのかあらかじめ確認をしてください。

最後に高額な料金を請求をされないように、前払いしておいてもよいでしょう。

それぞれの国によってタクシー事情は異なりますので、旅行者の口コミなどを参考にして、トラブルにならないことが一番重要です。

日本の観光地でもありますが、タクシーを半日借りて観光したり、とても快適な旅には欠かせません。

集団で移動するよりも自由がありますし、運転手さんによってはとても珍しいスポットを紹介してくれることもありますよね。

海外の場合は運転免許の問題がありますので、海外免許を所持している方はタクシーに乗るよりもレンタカーで観光をしたほうが断然にお得です。

だたし現地での交通量などは行ってみないとわかりませんので、短期間の旅行でリスクを抱えて運転をするならば、タクシーを上手に利用したほうが安全ですね。

無駄な出費にならないように、海外ではタクシーは行先や料金をはっきり意思表示をすることが大切です。
 

アメリカのタクシー料金

海外旅行の人気場所の一つアメリカ。

ロサンゼルスやニューヨークなどは主要都市として世界から観光客が訪れています。

そのためタクシーも頻繁に観光地を走っていますが、旅行でタクシーに乗るときは料金について注意しておきたい点があります。

アメリカではそれぞれの州によって料金が若干異なりますし、チップを払うことも覚えておかないといけません。

大きなスーツケースを運んでもらう場合など、乗車以外のサービスを受ける場合はチップが必要になります。

料金の10%程度が一般的と言われていますね。

またアメリカでタクシーの料金が知りたい場合は、ウエブサイトで料金を検索できるシステムもありますので、あらかじめ長距離を乗る場合などは調べておくとよいでしょう。

旅先では治安が悪い場所もありますので、女性の一人旅の場合は夜遅くタクシーに乗ったり、運転手から声をかけられて乗車することは危険です。

安心して乗る場合は滞在しているホテルからタクシーを手配をしてもらう方法がよいでしょう。

日本の場合は大きな都市では流しのタクシーをよく見かけますよね。

しかしアメリカの場合は流しのタクシーをほとんど見かけない場所もありますので、自分でタクシー会社に連絡をして呼ばないといけません。

料金も各タクシー会社で異なりますので、一律料金の場合や、走行距離によって料金が上がる場合などもあります。

また空港からはタクシーをシェアして乗るサービスもある場合がありますので、移動の費用を節約する場合には旅行の前に調べておくことをお勧めします。

海外のタクシーは料金も課金方法も色々

タクシーはどこへいっても便利な移動方法ですが、料金はそれぞれ異なりまた治安面でも注意しないといけません。 初乗り運賃が安くても、その後どんどん高くなる場合もありますので、旅行の前は十分に下調べをしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

世界のタクシー料金事情!旅行中に損しない方法
Reader Rating 1 Vote