暖房費節約のアイデア満載!防寒グッズで冬を乗り切ろう!

shutterstock_348054233 (1)

寒い冬はヒーターの温度を上げるのでなくグッズを暖房グッズを使おう

光熱費は家計費のなかでも節約対象になりますよね。

ちょっとしたアイデアが寒い冬を過ごすキーポイントになります。

そこでおすすめの防寒グッズご紹介したいと思います。

これでお財布にも安心して冬が過ごせますよ。

温風省エネダクト

石油ファンヒーターなどの温風がでる暖房器具を使用すると、温風は部屋全体に届きますが、なんとなくピンポイントで暖まらないデメリットもありますよね。

また温風を上手に使いこなしたい、ほかの部屋に暖房器具がない、そんな悩みを一機に解決できるのが、「温風ヒーター用の省エネダクト」です。

このグッズはヒーターの吹き出しに口に設置して、ダクトを好きなところまで伸ばして温風を別の場所に送るというアイデア商品です。

隣の部屋に暖かい風を送りたい、部屋の隅が寒いので温めたいなど、上手に温風を使得る便利なグッズです。

さらに冬のお馴染み暖房器具、こたつを使う際にもとっても便利なのです。

ダクトをこたつの中に入れれば、こたつ自体の電源をオンをしなくてもぽかぽかになり、これで余計な光熱費を使う必要もありません。

ダクトは使い道色々、それぞれの部屋の大きさに合わせて温風ヒーターが有効利用できますね。

寒い冬は部屋ごとに暖房器具を設置したいけど、お金がかかります。

一日のなかでも一番時間を多く過ごす部屋を重点的に温めることが光熱費節約の技でもあります。

こんなダクトがあれば、わざわざ新たに暖房器具を購入する必要もありませんので、お得な冬が過ごせます。

寝る前にちょっとだけ寝室を温めたい、そんな時にもおすすめです。

ダクトを装着している間は、ヒーターは通常のようにダクトがついていない部分から温風が出ていますので、部屋も同時に暖まります。

一度に2か所暖房できるメリットはとてもありがたいですよね。

寒い冬対策としてぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ネックウォーマー

寒い冬のファッションのアイテムとしても人気のネックウォーマーやマフラー。

飾りの意味だけでなく、節電で冬を乗り切るためにはなくてはならないアイテムの一つです。

家の中では家事をしたり動きやすいようにネックウォーマーのほうが使いやすいと思いますが、なぜ首を温めることが節電につながるかご存知ですか?

首には太い血管が走っているため、温めることで全身の血行が活発になる効果があります。

そのためネックウォーマーを付けて過ごしているだけで、体が自然とぽかぽかになるのです。

ヒーターの温度を少し下げてもまったく問題はありませんよ。

女性に多い冷え性ですが、特に首の筋肉は男性に比べると女性は少ないことが特徴です。

そのため血行が悪くなりやすく、首が冷えやすい状態です。

また首元が開いたファッションをしているとさらに体も冷えてしまいますので、光熱費対策としてネックウォーマーを早速使用してみましょう。

ネックウォーマーは100円ショップなど値段も安く販売されてます。

こんな金額で投資ができるのですから、やらないと絶対に損ですよ。

また寒くてなかなか寝付けない時も同様に、ネックウォーマーなどで首を温めていれば、夜中に肩の周りがぞくぞくするような寒さも防げるのです。

冬になると肩がこる人、手足が冷たくなってしまう方、すべては首の冷えからきています。

洋服を何枚も重ね着してもなんとなく体が温まらないときは、首にも意識してみましょうね。

昔から冬のアイテムとして使われているマフラー系のグッズにはとても大切な防寒の意味があったのです。
 

ダウンソックス

足は意外と冷えやすい体の部分。

靴下を何枚も重ねて履いてもなかなか暖まらないという時、おすすめのダウンソックスを使用してみましょう。

家の中では暖房を一日中使っていると光熱費はもちろん、空気が乾燥してお肌にも良くありません。

衣類で体を温めることが 暖房費節約にもつながりますよ。

そこで冷えやすい足をターゲットにして作られたのがダウンソックス。

ダウンジャケットはお馴染みですが、同じ素材で作られたソックスは膝丈ぐらいまで長さもあり、見た目もオシャレでかわいいと評判になっています。

ブーツのような質感がありますので、防寒機能は抜群に良く、足底部分も滑り止めがついたソールが付いていますので、滑りやすいフローリングも安心です。

スカートをはいて家事をする時などに絶対におすすめのアイテムです。

ダウンソックスと呼ばれるほどですから、もちろん素材はなかにダウンが70%ほど使用されています。

ふかふかの履き心地とそして温かいぬくもり、足元を温めるだけで全身もほかほかになってきますよ。

ダウンソックスは水をはじく表面加工がされていますので、お掃除やお料理中でも安心です。

また素材はストレッチになっている為、どんな動きでも対応できるフレキシブルな面も魅力ですよね。

何枚も靴下を重ねてはいている方、次はダウンソックスに挑戦してみませんか。

暖房費の節約と同時に冷え性改善にもなりますので、健康グッズとしても注目したいアイテムの一つです。

お友達にプレンゼントすると喜ばれそうな商品ですね。

カラフルで見た目も元気になりますよ。

充電式カイロ

使い捨てカイロがあると屋外でも寝る時でもとても便利ですよね。

ドラッグストアなどで安い商品が大量に販売されていますが、所詮使い捨て、ちょっともったいない気もしませんか。

そこで暖房費を節約して冬を乗り切るために使いたいのが充電式カイロです。

色々なタイプが最近では販売されていますが、USB充電タイプなど充電方法も様々です。

おすすめはソーラー充電ができるカイロ。

太陽光でチャージができるので、電気代がかからず、とてもエコである点が魅力になっています。

さらにUSBでの充電もできますので、場所によってチャージ方法が選べるのもうれしいですよね。

手のひらサイズの小さなカイロなので、ポケットに入れたり手袋のなかにいれて使ってもよいでしょう。

アウトドアーでももちろん室内でも使用が可能です。

またLEDライトがついた機能的なカイロもありますので、使う用途によって色々な機能が付いたタイプを選びましょう。

使い捨てカイロが欲しいけど切らしてしまった、そんな心配ももう必要ありません。

何度も繰り返し使える充電式カイロがあれば、寝るときも体が温かく、すぐに眠りにつけますね。

18時間ほどの充電で4時間の連続使用が可能です。

スイッチを入れるとたったの1分で温かくなりますので、外に出かけるときも安心です。

使い捨てカイロのように、なんとなく温かくなるのを待つ必要もないのです。

カイロは最大で約50度程度まで温度が上がりますので、暖房機能としても抜群です。

一つ持っていると色々な場面で活用できそうな防寒グッズです。

値段は約3000円前後、冬の投資としていかがですか。
 

着る毛布

最近はやりのブランケットタイプの防寒着。

素材にバリエーションが増えています。

フリース素材の軽いタイプや羽毛を使った本格的なものまで値段もそれぞれ違いますが、家の中で読書をしたりテレビを見ながらのんびりする時には欠かせませんね。

ちなみに人気の羽毛布団タイプは値段が4000円前後と、それほど高くもありませんので、家族それぞれが1着持っていると安心です。

羽毛タイプはとても軽いため、長時間着ていても肩がこることはありませんし、動きやすいメリットもあります。

毛布を着たままうとうとしても、体が冷えることはありません。

また暖房器具を付けたまま寝てしまう不安もなくなりますので、冬の暖房グッズとして一つあると大変便利ですよね。

寝袋のような機能のため、一人暮らしの方にも良いでしょう。

室内にいるときは切る毛布があれば、暖房を使用することはほとんどありません。

最近ではデザイン性にもこだわったタイプが増えていますので、好きなカラーやデザインも選べます。

普通の毛布で体を包んでも、これほどの機能性はないでしょう。

腕や足元などが完全に隠れ、しかもずれないで動きやすいのは切るタイプならではです。

イオンやユニクロといった大手のメーカーからも切る毛布が販売されています。

素材はポリエステルのものなど、生地の長さにこだわったタイプや、静電気防止機能付きなど、色々な特徴がありますので、じっくり比較してみましょう。

マイクロファイバー系の素材もありますので、肌触りもこだわり、冬を快適に過ごせるグッズとして一つは確保しておきたいですね。

賢く使おう冬の暖房グッズ

カイロや洋服類など色々な種類がある暖房グッズ。 自分のライフスタイルに合わせて使いやすいタイプを選びましょう。 少しでも光熱費を節約して、身も心もぽかぽかな冬を過ごしてくださいね。 ちょっとだけの出費で大幅な暖房費カットにつながりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

暖房費節約のアイデア満載!防寒グッズで冬を乗り切ろう!
Reader Rating 1 Vote