高いお金をかけてする「歯列矯正」には意味があるのです!

shutterstock_315879995 (1)

お金はかかりますが一種のステータスになりつつあるのです

「歯列矯正」はお金がかかるものだというイメージがありますよね。

この記事を読んでいるあなたは、どのようなイメージがありますか?

「お金がかかるイメージ」
「(歯列矯正の」期間が長いイメージ」
「興味はあるけれど、なかなか踏み切れないイメージ」
「痛そうなイメージ」

・・・このようなイメージを持つ人たちは、実際に、とても多いです。

この記事を読んでいるあなた自身はいかがでしょうか?

実際に、多くの人たちのイメージ通り、「歯列矯正」はお金がかかり、高いものです。

筆者も経験がありますが、「歯列矯正」をするのにかかったお金は、およそ百万円程度です。

それくらいのお金があれば、普通に、車を一台買うこともできますし、一体全体、十円のうまい棒を何本買うことができるのだろう、というお話ですよね。

そう、「歯列矯正」にお金がかかる、ということは、多くの人たちのイメージ通りなのです。

ですが、筆者は、お金がかかるといわれている「歯列矯正」の経験者ですが、冒頭で挙がったような「(歯列矯正の)期間が長い」「痛そうな」イメージは、あまり当てはまるようには思いませんでした。

実際に、最近、街を歩いていると、老若男女問わず、道行く人の多くが、お金がかかるといわれている「歯列矯正」をしています。

やっぱり、「歯列矯正」をするにあたり、「(歯列矯正の)期間が長い」「痛そうな」というレッテルよりも、「歯列矯正」のメリットの方にウェイトをかける人が多くなってきている、ということなのでしょう。

お金をかけてする「歯列矯正」のメリットといっても、色々ありますが、筆者のケースでいえば、「歯列矯正」をしたことで、良い歯並びを手にすることができた、ということはもちろん、長年のコンプレックスまで解消することができました。

なので、「歯列矯正」はお金さえあれば、するに越したことはないといえるのではないでしょうか。

また、お金がかかるといわれている「歯列矯正」ですが、手にすることができたメリットを考慮すると、「歯列矯正」で高いとみなされているお金の金額は、妥当なものだと思います。

この記事では、お金がかかるといわれている「歯列矯正」やそのメリットなどについて、筆者の体験談を交えながら、まとめていきます。

お金がかかるといわれている「歯列矯正」をした筆者について簡単にまとめます

筆者は、ここ何年か前まで、お金がかかるといわれている「歯列矯正」をしていました。
 
「歯列矯正」と聞いて、大変なイメージを持つ人たちが 多いですが、実は、当時の筆者もそんな一人でした。

それにも関わらず、なぜ高いお金を払ってまでして、「歯列矯正」をしようと思ったのか。

それは、やっぱり、高いお金を払っても、「歯列矯正」をするメリットが大きかったからです。
 
そう、筆者の経験で書けば、お金をかけて「歯列矯正」をすることで得られるメリットは、「歯列矯正」にかかるお金と、その大変なイメージをはるかに超えたものがあったのです。
 
むしろ、高いお金を払ってまでする「歯列矯正」で大変な思いをすることは、「歯列矯正」で得られるメリットの為には必須のもの、という覚悟で、「歯列矯正」を始めました。

結論でいえば、「歯列矯正」をする為には、冒頭で述べたように、車一台が買えてしまうほどの高いお金がかかりました。
 
ですが、お金をかけて「歯列矯正」を筆者が実際に経験してみて感じたことも含めて書くと、「歯列矯正」によってコンプレックスであった大きな前歯を後ろに引っ込めて、ねじれていた歯を治したことと、それによって、笑った時に自信のある笑顔を作ることができるようになった、ということは、筆者の中でとても大きな変化でした。
 
つまり、お金はかかったものの、「歯列矯正」をして良かった、ということです。

今現在は、お金をかけた「歯列矯正」が終わって何年か経ちましたが、やはり、当時を振り返ってみても、「歯列矯正」をして大正解だったとしみじみ思うのです。

そもそもお金のかかる「歯列矯正」をなぜ始めようと思ったのか

筆者がお金をかけてまで「歯列矯正」を本格的に始めたい、というように思ったきっかけがあります。

それは、高校生になり、周囲を見渡してみると、男女問わずにお金をかけて「歯列矯正」をしているたくさんの人たちがいました。

男女関係なく、です。

お金がかかるといわれている「歯列矯正」をしている人たちだらけの光景を見た筆者は、「あの人もこの人も、本当にたくさんの人たちがやっている「歯列矯正」・・・はたして、自分の場合は、今しなくても大丈夫なものなのだろうか?」という疑問がわいたのです。

実はずっとお金がかかるといわれている「歯列矯正」に憧れていたのです

高校生になり、お金がかかるといわれている「歯列矯正」をしている人たちに囲まれつつ、そのようなことを疑問に感じた筆者でした。

ですが、実は、小さい時からお金がかかる「歯列矯正」に、ひそかに憧れていたのです。

お金がかかる「歯列矯正」に憧れていながらも、何故しなかったのか、とうと、それは、当時の筆者には、「歯列矯正」を始めたくても、無理だったからです。

なぜ、無理だったのか?具体的には、当時、まだ親の扶養内にいる未成年であり、また、学生でもあった筆者です。

当然、筆者は働いたこともなければ、お金を稼いだこともありません。

そう、ここでは、どうしても、お金が重要なものとなってきたのです。

そして、筆者が「歯列矯正」をしたい、という気持ちがあったにも関わらず、「歯列矯正」をすぐに始められるほどのお金を持っていなかったことは、ネックをなりました。

ちなみに、ここでいうお金とは、筆者が働いたことで稼いだお金であり、且つ、筆者の自由の意思のもとで、自由に使えることができるお金、という意味です。

そういうわけで、筆者は、「歯列矯正」に憧れていたのにも関わらず、なかなか始められなかったワケです。

お金がかかるといわれている「歯列矯正」を始めることへの踏ん切り

そういうわけで、お金がかかるといわれている「歯列矯正」を実際に始めるのは、かなり後のこととなってしまいました。

逆に、今更、どのようにして、お金をかけて「歯列矯正」を始めることになったのか、というお話ですよね。

筆者が、お金がかかるといわれている「歯列矯正」を始める踏ん切りとなったこと。

それは、高校生になり、「歯列矯正」をしている人たちに囲まれた時に感じたこと、すなわち、「あの人もこの人も、本当にたくさんの人たちがやっている「歯列矯正」・・・はたして、自分の場合は、今しなくても大丈夫なものなのだろうか?」という疑問をベースにして、親に相談したことでした。

筆者が親に相談をしたこと。

それは、まぎれもなく、「歯列矯正」にかかるお金についてのことでした。

お金がなければ「歯列矯正」は始めることはできません

当たり前のことですが、いくら筆者が「歯列矯正」をしたい、という気持ちがあったとしても、お金がなければ「歯列矯正」は、できません。

かくいう筆者も、当時、働いてお金を稼ぐことができなかった一人でした。

「歯列矯正」をしたい、という気持ちが十分にあった筆者であっても、「歯列矯正」をするお金がなかったのですから。

この時ほど、お金が欲しかった時はありませんでした。

お金をかけた「歯列矯正」で得たメリットは予想以上でした

お金をかけて「歯列矯正」をしたことで、筆者の歯並びは格段と良くなりました。 コンプレックスであった上の前歯の突出は、奥へと引っ込まれて解消しましたし、写真を撮る時にも、以前よりも、しっかりと歯を出した自信のある笑顔を作ることができるようにもなった、ということがメリットです。 お金がかかるといわれている「歯列矯正」の一般的なメリットとしては、だいたいがこのようなものでしょう。 ですが、筆者がお金をかけてした「歯列矯正」の場合、これらのメリットだけではありません。 先に示したように、「歯列矯正」にかかるお金について考える機会があったことで、お金の持つ力やその大切さを学ぶことができた、というメリットもありました。 そうです、筆者はお金をかけて「歯列矯正」をしたことで、お金が、人が何かをしたいその時に、形を変えて力を貸してくれる偉大なものである、ということを実感しました。 普段、私たちのお財布に入っているお金は、限られた金額です。 ですが、そのお金も積もれば積もるほど、たちまち大きな力となる、ということ。 筆者がお金をかけた「歯列矯正」のケースでいうと、一円が百万枚集まってできたお金の大きな力が、筆者のコンプレックスであった上の前歯の突出を内側へと引っ込ませてくれる「歯列矯正」の治療へと、無事に導いてくれました。 世の中、お金については、「キタナイ」と言う人がいますが、ディズニー映画「アラジンと魔法のランプ」のランプのように、お金も、使う用途や使う人によって、良いものにもなるし、そうではないことにもなるのではないでしょうか。 ですが、お金をかけてした「歯列矯正」を通して、上の前歯の突出というコンプレックスを、無事に解消してくれたお金の力を経験している筆者からすれば、お金を悪くいうことは、神様を冒瀆するのと同じくらい、罰当たりなことです。 関連して、日本の実業家である斎藤一人(さいとうひとり)氏が、「お金は神様からのご褒美なんだよ」とも言っていますしね。 実際に、普段、汗水を垂らして私たちは働いていますが、その対価としてもらえるお金で、私たちは好きなことを、色々な形で実現させてもらっているワケですから、ご最もなことではないでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

高いお金をかけてする「歯列矯正」には意味があるのです!
Reader Rating 1 Vote