買うならどっち?マンションvs一戸建てそれぞれの特徴

shutterstock_360981053 (1)

夢のマイホーム マンションにするか一戸建てにするかどっちがいい?

長年の夢だったマイホームを購入するときに迷うのがマンションか一戸建てにするかという点です。

どちらにもメリットやデメリットがありますが、生涯満足して暮らすためにはどちらがよいのでしょうか。

それぞれの特徴を見てみましょう。

マンションのメリット

日本各地でマンションの建築が行われていますが、素敵なデザインで若い夫婦や家族には憧れのマイホームです。

マンションの最大のメリットは立地条件が大変良い点で、駅前などの通勤や生活に便利なエリアにあることが多いですよね。

新しいマンションの建築現場を見ると気になるモデルルーム。

試しに見学に行かれた方も多いと思います。

マンションは夫婦共働きのカップルにとても便利な施設があることや、小さな子供の託児所などを併設している場合もあり、住みやすさでは一戸建てよりもメリットになる点が色々あります。

また家の中のデザインや内装がファッショナブルで若い方や女性にも人気がありますよね。

独身女性が購入しやすい物件としても注目されています。

またマンションはワンフロアになっていますので、一戸建てのように2階の部屋に移動を繰り返すことがないため、高齢の親と同居する場合も楽に家の中を移動できる点がメリットになっています。

バリアフリーの設計も多く、年齢層も広く長く住める点が魅力ですね。

またマンションはセキュリティー面が強化されていますので、一戸建てに来る押し売りや勧誘を入口をブロックできるメリットあります。

管理人さんがいますので宅配便のやり取りなど、留守の間も安心できることがうれしいですね。

最近ではエントランスで自分の暗証番号を入力して入るようになっていますので、知らない人がいきなり家を訪ねてくる心配もなく、女性の一人暮らしも安全にできるようになりました。

大型のマンション開発の場合は近くに学校やショッピングモールなども同時にできることもあり、コンパクトな街づくり効果があります。

マンションのデメリット

マンションよりも一戸建てのほうがいい、という方が一番気にする点が隣近所の騒音です。

マンションの作りはアパートのような材質ではありませんが、防音面では上階や下階の人とは物音でトラブルになる場合も少なくはありません。

一戸建ての場合は自分の家の中でどんなにうるさくしてもそれほど隣近所から苦情がくることはありませんが、築年数が古いマンションになると椅子を引く音すら下の階に聞こえてしまうというデメリットがあります。

またマンションでは自分の家の庭がないために、小さな子供の遊び場が少ないデメリットがあります。

ガーデニングを本格的にやりたい時やペットを飼う時も、庭付き一戸建てのようなスペースの余裕がありません。

またマンションはいざ改築をする時には手続きをしないといけない場合や、部屋を増築することなどができません。

将来的に子供が増えたり、親の介護をする状況になった場合に部屋数が不足してしまう可能性もあります。

そのような場合の柔軟な対応ができない為、長い目で家族のライフスタイルを考えてマンション購入を検討したいですね。

またマンションは両隣に部屋があるために、窓が2方向しかつけられないデメリットがあります。

通気性や日差しの取り入れ方は購入するマンションの方角によって決まってしまいますので、どうしてもこだわりたい方は最上階や角部屋を選ぶなど、選択が少なくなってしまうデメリットがあります。

日差しが入らいない北側の部屋では朝から電気をつけたまま生活をするので、電気代が心配という方もいますね。
 

一戸建てのメリット

夢のマイホームといえば庭付きの一戸建てがイメージしやすいですよね。

一戸建てのメリットはなんといっても自由であることです。

マンションのような騒音の問題を心配することなく、小さな子供が走り回って自由に育児ができる環境が整っています。

また一戸建ては日差しが入りやすいため、部屋の間取りを考えながら上手に環境を整えることが可能です。

また注文建築をすれば間取りから内装まですべて自分の好みで設計ができますので、オリジナル感があるマイホームが手に入るのです。

駐車場も敷地内にあれば駐車場代がかかることもありませんし、マンションのように駐輪場代として料金を月々払う負担もありません。

通気性も良いため、季節ごとに快適な生活をしやすく夏は風だけで冷房を使わなくても大丈夫な魅力的な物件があります。

また一戸建ての場合は改築や増築が自由にできますので、家族の人数の変更によっても対応がしやすくなっています。

隣近所とも距離がありますのでプライバシーを守るメリットもあります。

一戸建ての最大の利点は自由でのびのびできることですが、子育てをしたい若い夫婦や自宅でビジネスを開業したい夢を持っている方にも有利な物件です。

マイホームを購入をするのは人生の中でも大きなイベントです。

金銭的な負担を考えながら、生涯幸せに家族が過ごせる環境を整えたいですね。

一戸建てもマンションもそれぞれの好みで絶対にどちらがいいとは言い切れません。

長い目で比較をして損をしない買い物にしましょう。

また投資的な目的を踏まえて将来手放すときにどちらが得か、よく比較してみましょう。

一戸建てのデメリット

一戸建てのデメリットはマンションと比べるとセキュリティーの面で十分でないことです。

自分の家なのでしっかり管理をするのはオーナーの責任ですよね。

マンションのように施設内に出入りする人を24時間管理しているわけではありませんから、泥棒が入りやすいこともデメリットです。

また勧誘や押し売りなども一戸建てをターゲットにしてやってきますので、このような場面の対策としては自分でセキュリティーシステムを購入するなど、工夫をしないといけません。

また面倒なのがゴミ出しです。

一戸建ての場合はごみの収集日の朝に指定のごみ集積所に出さないといけない為、出かけている時やタイミングが悪いとごみが出せなくなる場合もあります。

マンションの場合はごみ置き場にいつでも捨てにいけるメリットがありますが、一戸建ての場合は地域との連携を大切にしないといけない負担もありますよね。

金銭的な部分を比較してみると引っ越しをする際にかかる費用ではマンションのほうが若干高くなると言われています。

内装にかかる費用は一戸建てのほうが高いのですが、マンションの場合は住んでいる階によって引っ越し費用も高くなりますよね。

しかし維持費だけを見ると一戸建てのほうが出費がかさなります。

また固定資産税ですが敷地の面積が小さいマンションのほうが若干安く、一戸建ては税金面でも高くなるデメリットがあります。

修繕費なども長い目で見ると一戸建てのほうがコストがかかりますので、自分で修理ができる人には一戸建ては楽しいチャレンジになりそうですね。

どちらも快適に過ごす工夫が必要

マンションと一戸建てには異なる特徴があります。

家族の人数や将来的なライフスタイルを考慮して快適に暮らせる物件を見つけることが大切です。

どちらにもメリットもデメリットもありますが、自由を大切にしたいのであれば一戸建て、管理制度がしっかりしている点を選ぶのでればマンションのほうがよいでしょう。

資産価値だけを見ると、年々価値が下がる建物の価値が多いマンションよりも土地の価値がある一戸建てのほうが資産的には有利になります。

いつか売買をするときにはマンションよりも一戸建てのほうが価格の変動があるために、得することもありますよね。

どちらにするか迷っている方は一度現場に見学にいってみましょう。

どちらも見た目の問題だけでなく、住み心地、快適さ、立地条件などをトータル的に比較して自分の家族にぴったりの物件を選んでくださいね。

マイホームにどんなことを要求するか、そして隣近所との付き合いなども考慮して快適な家を探しましょう。

予算に合わせて見つけるためには、長い期間かけて満足できる物件が見つかるまで慌てずに選んでくださいね。

どちらも新築だけでなく中古物件も多く市場に出回っています。

値段だけを見ると魅力でも、実際の物件を見ると割高に感じるところも少なくはありません。

一生に一度の買い物ですから、損をしないように情報をしっかり収集してくださいね。

マンションにするか一戸建てにするか、それは家族が安心して幸せに暮らせるならどちらでもいいのです。

それぞれのメリットとデメリットをよく比較した上で気に入る物件を選びましょう。
 

マンション派か一戸建て派かどっち?

自分が育った環境によっても家の好みのスタイルは変わってきます。 マンションも一戸建ても基本的な違いを理解して、満足できるマイホームを購入してくださいね。 家は人生を変えるほど大切な買い物なのです

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

買うならどっち?マンションvs一戸建てそれぞれの特徴
Reader Rating 2 Votes