必見!絶対損をしない金券ショップの使いこなし術

shutterstock_276569993

格安の金券ショップ! 上手に利用して得をしよう

駅前などにある金券ショップ。

格安の航空券や新幹線チケットをはじめ様々なものが販売されています。

定価で購入するよりも安く、節約好きな人に人気のショップです。

しかし金券ショップをさらに効率よく使う為には、それぞれのチケットの使い方にも注意しないといけません。

 

株主優待券を使いこなそう

金券ショップで販売されているものは、「金券」と呼ばれるものほとんど購入することができます。

通りがかりに大きな宣伝の看板を見たことがある人も多いと思いますが、なんとなく入りずらいと抵抗感を感じる人もいるようです。

しかし金券ショップにはとてもお得なものがあり、定価で支払っていることがバカバカしくなるようなもので一杯なのです。

まず金券ショップで注目したいアイテムの一つが株主優待券です。

株主優待券は、本来企業の株を保有している人しかゲットできませんので、株主優待券を持つには投資をしないといけません。

しかし金券ショップでは株主さんが使わない優待券を金券ショップで買い取ってもらい、それを私達が使えるうれしいチャンスになっています。

株主優待券の種類には外食チェーンをはじめ、ジャンルも様々です。

とても利用度が高いものとしてはファーストフード系の株主優待券がありますが、一例をあげるとケンタッキーの株主優待券が500円のところ480円で販売されています。

30円のお得になりますよね。

またカレーのチェーン店ココ壱番も同様に500円の株主優待券が470円など、好きなお店やよく利用するショップは株主優待券を金券ショップで買っておけば節約になります。

外食チェーンではそれぞれクーポン券を発行していますが、いざ使いたいと思った時にクーポンがないなんてこともよくあります。

株主優待券を持っていれば、クーポン券を必死で探す手間もなくなります。

金券ショップでまず使いこなしたいのが株主優待券。

株に興味がなくても、株主としてのメリットは体験することができます。

映画が安くなるメリット

最近の映画館はクオリティも高くなり、映像や音響にも大変こだわっています。

気になる新作映画を見に行きたくても気になるのが映画の料金。

家族そろって皆で映画にいったら、1万円ぐらいはかかってしまいますよね。

映画館で映画を見るのはちょっとコストの高いエンターテイメントになってしまいました。

しかし諦めるのはまだ早いですよ。

映画ファンが利用するのが金券ショップの割引券です。

映画館に直行する前にまずは駅前の金券ショップに立ち寄ってみましょう。

金券ショップには前売り券、株主優待券、試写会観覧券の3つが販売されています。

なかでも前売り券は割引率が高いのでとてもお得なのですが、公開中の映画すべてを販売している訳ではありませんので、もし見たい映画の前売りがゲットできればラッキーですね。

株主優待券の場合は、映画配給者の東宝などの株主になっている人が持っているもので、多少の割引で映画を見ることができます。

株主優待券は企業が発行するものですから、使える映画館が限定されてしまうデメリットがあります。

しかし運よく見たい映画を公開しているならばこれもラッキーですよね。

そして試写会観覧券は映画が一般公開される前に使える券で、映画の種類は少ないですが金券ショップで取り扱っています。

なんとなく映画が見たいけどどれにしたらいいかわからない、という時はまず金券ショップに行ってみましょう。

割引で見られる映画がたくさんありますので、料金重視をしたい人には絶対おすすめですよ。

主要都市の駅前などに必ず金券ショップがありますので、アクセスも良い点がメリットです。
 

図書券を使って安く本を買う

金券ショップで販売しているチケットの中には図書券があります。

とてもお馴染みのアイテムの一つですが、図書券があるととても便利ですよ。

本屋さんで立ち読みをしている方、金券ショップで図書券を安く買えばお得な買い物ができます。

本の値段が意外と高く感じることもありますが、好きな本は何度読み返しても楽しいですよね。

図書券は書店などで販売していますので、入学祝として贈る方もたくさんいます。

そこでお得な購入方法が金券ショップなのです。

金券ショップで取り扱っている図書券にはQuoカード、通常の図書券、図書カードがあります。

図書券は500円のところ金券ショップでは480円前後で販売していますので、数十円の割引になりますよね。

書店に行くことが多い方はご存じでしょうか、本の安売りはほとんど行っていません。

割引で買うためにはこのように図書券を安く買うしか方法がないのです。

高額になるシリーズ本や図鑑などは金券ショップで図書券を購入して使いこなしましょう。

またプリペイド式の図書券も金券ショップで取り扱っていることがありますが、利用できない書店も多いため、確実な通常の図書券を購入したほうが安心ですね。

Quoカードの場合は1000円カードが950円前後で販売されていますので、これも少しはお得になります。

コンビニで使いやすいカードなので雑誌などちょっとした買い物をするときにぜひ活用してみましょう。

図書券は学生さんをはじめ、持っていると便利な時が必ずあります。

またギフトとしても喜ばれるので金券ショップをぜひ活用しましょう。

ビール券を活用しよう

お酒が好きな方に喜ばれるビール券。

お中元やお歳暮として贈る方もたくさんいますよね。

ビール券でお酒が購入できますが、さらに使いこなす方は日用品などもビール券で買っています。

金券ショップでは必ずといっていいほど販売しているビール券。

使い方のコツはお酒だけでなく他の商品も販売する大型酒店で使用する点です。

格安なお酒で人気の「カクヤス」はチェーン店として各地で見かけますが、こちらではビール券を使用して店内で販売している日用品も購入ができます。

しかしお酒以外の買い物の場合は1枚につき10円の手数料がかかりますのでご注意くださいね。

また大型の酒屋ではスナックなども販売していますので、ビール券を使用して買い物をする時は、どんなアイテムが対象になるかまず確認をしておきましょう。

一般のスーパーでももちろんお酒をビール券で購入することができますが、取り扱っていないお店もありますのでご注意くださいね。

また金券はおつりがでないタイプも多いため、使う時は額面以上の金額を使って足りない分を現金を足して支払ったほうが安全です。

また何枚も同時に使える場合もありますので、上手に金券を使いこなすためにはそれぞれの利用方法も理解しておきましょうね。

一般的には金券ショップではおつりがでない券を安く販売していることが多いため、利用頻度の多いお店などを中心に探してみるとよいでしょう。

わずかな割引額でも積もればかなりの節約になりますよ。

何十円程度の割引だからといって決して無視はできません。

もっと上手に活用して節約生活を始めましょう。
 

新幹線の安く乗る

駅前の金券ショップで大々的に宣伝をしている新幹線のチケット。

東京ー名古屋間、東京ー大阪間などメジャーな都市は、利用者も多いため数も多く販売されています。

金券ショップで取り扱う新幹線のチケットには回数券と株主優待券があります。

金券ショップのチケットは使い方がわからない方も多いようですが、回数券は6枚セットになっているタイプで、株主優待券はJRなどの優待券です。

回数券は指定席回数券と自由席回数券があり、利用区間によっても販売している内容が異なります。

利用方法は簡単で、回数券の場合はそのまま駅の自動改札に通して使うだけです。

株主優待券の場合はJRの窓口でチケットを購入しないといけませんので、そのまま改札で使うことはできません。

しかし回数券のような区間の決まりがないというメリットがあります。

株主優待券を使う時の注意点ですが、JRは東海や西日本など別企業になっていますので、自分が利用する区間を取り扱う株主優待券を利用しないといけません。

利用できる期間は祭日、休日を問わず、年末年始なども利用が可能になっていますので大変便利ですね。

また金券ショップで購入した回数券の場合は有効期間が設定されていますので、期間内に使用しないと使えないことがあります。

金券ショップで購入する時は自分が利用する日に使えることを必ず確認しましょう。

またゴールデンウィークや年末年始などの繁忙期には回数券は使用できません。

せっかく購入しても使えないともったいないですよね。

疑問や不安がある場合は必ず金券ショップで確認しましょう。
 

金券ショップは目的ごとに使いこなそう

割引で購入できる様々な金券ショップのチケット。 割引率が少なくても節約になっていますよ。 もっと使いこなすためにはどんな金券が販売されているか、早速ショップに行ってチェックしてみましょう。 オンライン販売も行うお店がたくさんありますので参考にしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

必見!絶対損をしない金券ショップの使いこなし術
Reader Rating 1 Vote