給料から毎月生活費をいくら引き出すか

給料を使いすぎず使わなすぎず

社会人になって一人暮らしを始めると、毎月出ていくお金がけっこうあります。
  
年金、国民健康保険、家賃、電気代、ケータイ代、ネット回線代・・・。

 
  
給料からそれらを差し引いて、あと残りいくらかなと計算すると、思ったよりお金がないと感じます。

新しい服買いたいんだけどな、ケータイ新しくしたいんだけどな、毎日できるだけい

いものを食べたいんだけどな・・・やりたいことを考え出すときりがないです。

全部やろうとしたらお金が足りません。

でも、諦めたくないですし、一方で貯金もしておきたいです。

僕は、お金を使いたい気持ちと、使いたくない気持ちがせめぎあって、どちらの気持ちを取るか決められないことが多いです。

それで仕事の忙しさに身を任せて、考えることを後回しにします。

無計画のまま、財布の中のお金が無くなったら給料口座から引き出します。

一度に引き出すのは1万円くらいです。あまり使いすぎないようにという気持ちから、少しずつ引き出します。

そうしていると、いつの間にか今月の給料がほとんど無い!という事態になってしまいます。

自分は少しずつ使っていたつもりなのに、なんでだろう、ああでもなんでか考えるのはめんどくさいし、でもこのままじゃ嫌だし、一体どうしたらいいんだろう・・・モヤモ
ヤがいつも頭の中に残ったままです。

僕は給料を使いすぎず、でも使わなすぎずにやりくりする方法は何かないだろうかと日々悩んでいました。

そんな時、『資産1億円を築く教科書 お金持ち入門(実業之日本社)』という本の中にヒントを見つけました。

月じゃなく週単位で給料を管理する

  
それは、月じゃなく週単位で給料から使うお金を決めよう、というものでした。

例えば1週間1万円で生活すると決めて、週の終わりにいくら出ていくら残ったかを記録するのです。

そしてゆるーくでいいので続けていくのです。

初め、僕はそんなことして何か変わるのだろうかと疑っていました。

家計簿は以前2年くらい続けたことがありましたが、食費、衣料費、娯楽費など支出の種類をいちいち分けるのがめんどくさくて嫌でした。

しかも僕は、収支の金額を1円単位まで出さないと気が済まなくて、その計算と誤差(よく出ます)の原因究明に時間をかけていました。

家計簿つけても時間を浪費するだけで、役に立たないじゃないかと思い、やめてしまっていました。

ただ、本に「ゆるーく続ける」と書いてあったのが気になりました。

前はきちっきちっとつけていたからストレスが溜まり挫折したのかもしれない、と思いました。

そこで適当に1週間2万円で生活すると決め、記録はゆるーくつけようと決めました。

給料口座からの引き出しは月に1回

 
 決心してから初の給料日が来ました。
  
週に2万円なので、1か月で 2万円×4週間=8万円 必要です。
 
 僕は思い切って、ATMから8万円引き出しました。大金です。

手元にこんな持ってて大丈夫だろうかと不安でしょうがないです。

不安だから、その8万円はいつも持っていることにしました。

外出時は必ずカバンの中に入れます(ちなみに8万円はATMの横に置いてある封筒に入れてあります)。

まず1週間目、日曜の夜に8万円から2万円を財布に入れました。

そして週末、日曜の夜に財布の残りを確認します。

なんと1万3千円も!残っていました。

ここで小銭まで数えたい気持ちが出てきます。いや、ゆるーくやると決めたじゃないか自分よ、と思いとどまります。

千円未満のお金は財布に入れたままにすることに決めました。

次に記録は、食費とか交際費とか分別するのが面倒だったので、メモ帳に「11日(月)~17日(日) 余り13000円」とだけ書きました。

そして1万3千円は家にあった100均のクリアーポーチに入れました。

このクリアーポーチも8万円と同じく、いつも持っておくことにしました。

最後の作業として、8万円封筒(もう6万円になっていますが)から新たに2万円を取り出し、財布に入れました。

この時点で、なんかうまくいっているんじゃないかという気がしていました。

1万円以上残っていると嬉しいですし、記録のストレスがほとんどありません。

続いて2週間目です。

また日曜の夜に財布を確認します。

今度は千円しか残っていませんでした。

1週間を振り返ると、ネット回線代の請求書来て払ったし、リラクゼーションサロン行ってストレッチしてもらったし、日曜はエキスポシティのニフレルに行ったし、けっこ
う出費していました。

記録には
「18日(月)~24日(日) 余り1000円
  大きな出費 ・ネット回線代 4000円
        ・ストレッチ  3000円
        ・エキスポシティ4000円」と書きました。

で、千円はクリアーポーチに入れ、8万円封筒から2万円出して財布に入れます。

こんな調子で3週間目、4週間目と続けていきました。

実は今まだ4週間目の途中です。

いくら余っているかというと、3万円弱です。

これは、嬉しいです。

給料口座からの引き出しは初めの8万円、1回だけです。

余った3万円はどうしようか思うとワクワクします。

 

余ったお金で貯金

  
3万円を全てやりたいことに使ってしまうのもとても魅力的ですが、そうするとお金を手に入れるために働く給料サイクルから抜け出せません。

加えて3万円以上かかるやりたいことができなくなります。

なので貯金もしておきます。

いくら貯金するかですが、『イヌが教えるお金持ちになるための知恵(草思社)』に書いてあったものを参考に、全額の半分にしてみます。

ここでいう貯金とは、本当に使わないでおくお金のことです。

使わないで300万円くらいまで貯めて、投資に回し、お金にお金を稼いでもらいます。

仮に生活費の余りが毎月1万5千円で、貯金がそれだけだとすると1年で18万円です。

300万円貯めるには17年ほどかかります。ちょっと気が遠くなるので、副業をして早く貯めることにします。

ここまでの話が投資用貯金で、残りの1万5千円の中からやりたいこと用貯金をします。

今iPhoneが欲しいので、5千円貯金しようかと思います。

中古のiPhone5sなら4万円出せば買えるので、1週間5千円貯金なら2か月で買えますね。

ワクワクしますね!

貯金したあと残った1万円は、またやりたいこと用貯金したり、好きに使うようにしようかと思います。

僕はまだ社会人1年目で年収200万円くらいのしょぼい男なのに、さっき投資とか生意気なことを言いました。でも『イヌが教える~』の本を読むと、なんか自分でもできるんじゃないかって思えてきました。

本、おすすめです。

貯金の話に飛んでしまいましたが、元に戻って、給料から毎月生活費をいくら引き出すかという話です。

給料を使いすぎず使わなすぎず、うまくやりくり、この調子だとできそうです。

今回試したことの何がよかったんでしょうか?

引き出し額の設定は多めが良い?

  
週単位で給料から使うお金を決めるのは、とても良かったと思います。
  
1週間くらいならお金を使う見立てをしやすいと思います。

週末が近づいてきてお金が余りめだったら、今週はできるだけ余らせてやりたいこと貯金に多めに入れよう、うふふふとか、逆に奮発しておいしいもの食べよう、ぐふふふとか、楽しめる余裕が出てきます。

逆に週末お金が少なめだったら、出費控えようって意識できます。

また、週に2万円という設定金額が意外にも良かったと思います。

余りが1万円以上になるというのは、明らかに設定金額多めです。

でも、じゃあ次の週から1万円で生活しようと決めてしまうとどうですか。

確かに使わないお金は増えますが、毎週末お金がギリギリだというストレスを感じながら生活することになりそうです。

それはしんどくないですか。

1万円って、テンション上がる金額だと思います。週に2万円と多めに設定することで、ストレスを無くし、余裕を持たせる効果があったんじゃないかと思います。

生活費は週単位固定額ルールで

財布の中身がなくなったら引き出す、というお金の使い方では、いつの間にか給料がほとんど無くなってしまうことがありました。 そこで生活費を週2万円の固定額ルールに決め、給料口座から生活費1か月分の8万円を一度に引き出すことにしました。 1週間ごとにお金の余りはストックし、次の週は新たに2万円を財布に入れる、というサイクルを繰り返します。 このルールだと生活費は1か月8万円と決まっており、口座から新たに引き出すことがないので、給料がいつの間にか無くなることは防げました。 さらに、設定金額を多めに決めたことで心にゆとりをもって生活ができ、貯金も投資用とやりたいこと用に分けてするくらい、お金を余らせることができました。 このルールを続けていったら、ストレスなく日々の生活が送れるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

給料から毎月生活費をいくら引き出すか
Reader Rating 3 Votes