クレジットカードで家計の見える化!ポイントも貰ってお得生活!

shutterstock_126762191

クレジットカードを賢く使って家計簿代わりに!決済履歴の見える化しながらポイントもゲット!

最近、クレジットカードの利用でポイントやマイル・商品値引きの恩恵を受けられるサービスが話題になっています。

今回はクレジットカードを利用して、家計の出ていくお金を「見える化」しながらポイントもゲットする方法をお伝えします!

 

家計の「見える化」のメリットとその方法とは

クレジットカードのクレジットとは「信用」を指し、個人の支払い能力(年齢、職種、年収等)を担保に、決済を代行し、後に利用した分を指定した口座から引き落とすサービスです。

フリーターや主婦でもクレジットカードをもてる!という宣伝を最近はよく見かけますが、元々はクレジットカードは社会的に信用力が高い人向けの決済ツールでした。

現在ではクレジットカードは、インターネット通販等、なくてはならない存在になっており、一人一枚は必ず持っているといっても過言ではありません。

近年はクレジットカードを使えるお店が増えてきており、ユーザー側もクレジットカードの様々な恩恵を受けられるようになりました。

大手小売り店舗の店頭で、独自ポイントの付与やカード会員限定値引き!なんて看板は、もうどこでも見られる光景ですよね。

でも、その店舗にあわせてクレジットカードを作っていたら、正直財布がパンパンになるうえに、引き落とし金額の把握が大変ですよね。

超お金持ちで常に預金あるからいいわ!と言われる方ならいいかもしれませんが、超大金持ちはお金の使い方にうるさいからお金持ちなんですよね…。

ということで、クレジットカードを利用して、出ていくお金をしっかり把握できるよう、「見える化」を進めましょう!

方法は簡単です!すべての決済をクレジットカード1枚にまとめてください!

そうすると、必然的にクレジットカードの利用明細に決済した日付、加盟店、金額が乗ってきます。電気、ガスなどのライフライン、電話代やプロバイダー料金、損害保険料など、すべてまとめてしまいましょう。

まとめた決済は、クレジットカード会社の引き落とし日にまとめて支払いが行われます。一か月に何度も引き落としが発生しないのは非常に楽ちんですね。

そして、クレジットカードを利用したことによって、ポイントをクレジットカード会社からもらうことが出来ます。当然毎月の決済金額が多ければ、受け取るポイントも増えますし、

カード会社によっては、年間の利用金額が多いとボーナスポイントがもらえるところもあります!

これは使わない手はないですよね!

ですが、やはりどんなに素晴らしいサービスにもメリットとデメリットがあります。それぞれ確認をしていきましょう。

クレジットカード払いのメリットとデメリット

まず、クレジットカードの利用することでのメリットを挙げていきます。
クレジットカード利用のメリット
・決済が早くすむ場合が多く、手間はサインや暗証番号打ち込むだけ。
・毎月、どれだけ利用をしたのか、明細書でまとめて確認することができる。
・クレジットカードには一括払いのほか、分割払い、リボルビング払いなどいくつかの支払い方法が設定されており、支払いの負担を減らすこともできる。
・クレジットカードにキャッシング機能が付与されている場合、とっさのときに現金を借りる(キャッシング)ことができる。
・カード会社各社、利用に対してポイントや値引き等、様々なサービスで利用者に還元をしてくれる
・カードに海外旅行等の保険が付帯されているものもある など

今回の目的の家計簿の見える化の軸になるサービス、明細書を発行してまとめて確認できるのも大きなメリットですが、クレジットカード最大の利用メリットはやはり、各社の用意するポイントプログラムですよね。

利用金額にたいしてポイント付与をしてくれたり、利用金額から値引きをしてくれます。

有名どころのポイントだと、楽天スーパーポイントや、Tポイント、ANAなどのマイルですね。

そして、嫌煙されがちですが、カードに付帯のキャッシング、実は非常時だけ使うのであればかなり優秀です。

一般的なクレジットカードなら、外国でのキャッシングは外国通貨を引き出すことができますし、日本での利用でも、ATMの時間外手数料で200円と税金を取られるようなときでも、カードのキャッシングは手数料無料で借りることができます。

返済方法はカード会社によってバラバラですが、臨時の繰り上げ返済はどこの会社も受け付けってくれます。

キャッシングを使わずに済めばそれが一番ですが、もしものときに安心ですね!

次に、クレジットカードのデメリットを挙げます。

クレジットカード利用のデメリット
・預貯金以上の買い物をすることが出来てしまう(実際に現金が手元から減らないため、余計に使いすぎてしまう)
・クレジットカードの引き落としに延滞をすると、信用情報に延滞の情報が残ってしまう
・不正利用される可能性がある(不正利用時の対応・保障は各社バラバラ) など

クレジットカードは決して魔法のカードではなく、あくまでも支払いを後回しにしてもらっているだけにすぎません。

カードの利用枠限界まで買い物をすることが可能ですが、かならず支払い義務は発生しますのでご注意ください。

もし支払いができずに延滞を起こしてしまうと大変です!あなたの信用情報に、この人延滞してますよ!という履歴を残されてしまいます。

時効といいますか、いつか消えるようにはなっていますが、基本的に支払いの約束は守りましょう。

一度でも遅れた場合、カード会社からすれば、引き落とし不可のお知らせなど無駄な労力が発生することになりますし、信用が無くなります。

個人で商売をされている方、社会的に地位がある方は、本当に信用に傷をつけることを嫌がります。だからこそ社会的に地位が高いと言い換えることができるかもしれませんね。

デメリットをみるとやはり怖いなぁと思いますよね。どれだけ便利でも、クレジットカードは月の支払いを終えるまで借金しているのと変わらない状態ですから、怖いと感じていただいたままのほうが良いかもしれません。

しかし、ちゃんと使いこなせて、毎月支払いの約束を果たせる人にしてみれば、こんなにメリットが多いツールはほかにはないでしょう!

 

クレジットカードの選び方とポイント

今回のクレジットカード導入の目的は家計の見える化ですので、ここに重点をおいて、クレジットカードの選び方を説明していきます。

1、利用明細書を発行してくれる(インターネットor書面)

明細書がもらえないと見える化出来ません。

クレジットカードの明細書発行は必ずしてもらえるものじゃないの?と思われるかもしれません。

発行はしてもらえますが、最近の風潮はインターネット上の明細書をみにきてね、というのがスタンダードになりつつあります。

インターネットをしっかり見られる環境でなければ、書面で明細書を発行してもらわねばなりませんが、書面での発行に手数料をとる会社も増えていますのでご注意ください。

2、年会費が無料、もしくは無料にすることができるものであること

せっかく支払いをまとめても、年会費が有料だとせっかく貯めたポイントの価値が下がってしまいます。

年会費払ってでもこちらのが得だよ!というカードは確かに存在しますが、カード利用になれてからをお勧めします。

ちなみに、ETCカードも無料で発行してくれるところを探しだすと、ほんとに片手で数えるほどになりますのでご注意ください。

3、買い物をするお店で使える国際ブランドを選ぶ

店舗によって使える国際ブランドが異なります。VISA、Mastercardのみ使えます!という店舗や、JCBのみ使えます!という店舗もたまにですが、あります。

生活圏で使えるクレジットカードでないと、せっかくまとめても意味がありません。無難にVISAかMastercardを選びましょう。

国際ブランドって何?という方もいるかと思いますが、VISAやMastercardなど、カードの隅っこに書いてありますよね、それです。

例えばイオンのクレジットカードの場合、JCB、VISA、Mastercardの3種類から選べますね。これはイオンのカードを発行している発行会社が、国際ブランドのJCB等と提携し、クレジットカードにJCB等のロゴを入れています。

手持ちのカードなんですか?という質問をされたら、イオンのカードのJCBです!と答えるのが正解、ということになります。

4、自身のライフスタイルにあったカードを選ぶ

車に週に7回のりますが、ガソリン入れるのは月に4回です!ガソリンスタンドで勧められたカードをメインで使ってます!という方もいるのではないでしょうか。

自身のライフスタイルで、一番お金を使うところを考えてみてください。それがスーパーなどの生活品決済がメインで、かつクレジットカードが最安値ならばそこのカードを選びましょう。

ポイント還元もその店舗で有意義に使えることでしょう。

しかし、最安値がクレジットカードではないケースもあります。よく観察してみてください。例えばイオンの場合、イオンカードと電子マネーのWAONは還元率が同じことがしばしばあります。

もしもっとも使うお店がどんなカードでも還元率が変わらないのであれば、好きなカードを選んでしまいましょう。最後は気に入って使えるかどうかだけです。

数字に騙されるな!還元率について考える

「なんでも、ネットで調べたらマイルにするのが一番還元率が高いらしい!だからマイル貯めるわ!でも飛行機は年に1度乗るかどうかぐらい!」といった具合に、普段使い道がないけど還元率が高いようなので使っている、という方もいらっしゃいます。

細かいことは書きませんが、マイルの還元率を高く設定できる方は、飛行機によく乗る方がほとんどです。

もともとマイルは飛行機に乗るお客様を囲い込むためのポイント制度なので当然ですね。

せっかく貯めたポイントも、使えなければ意味がないので、多少還元率が低くても、使いやすいクレジットカードを選びましょう。クレジットカードの選び方のポイントで、還元率を条件に入れなかったのはそのためです。

せっかくTポイントがたくさんたまるクレジットカードを作っても、近隣にTポイントで支払える店舗がないと、わざわざ出かけて使う必要が出てきますよね。

いつもの生活にクレジットカードを無理なく組み込み、無理なく恩恵を受けられる仕組みにしておかないと、ポイント目的での買い物が増えてしまったり、ポイント消費するために不要なものを買いに走ったりと、無駄が出ます。

どれだけ還元率が高くても、還元先(出口)がライフスタイルに合わないのであれば、採用は見送りましょう。

やはりおすすめは、普段生活で使う店舗のポイントにまとめるか、現金還元、請求額から割引還元してくれるカードでしょう。

あくまでも、支払いを「見える化」し、無駄を省き、ポイントも一緒にもらう!というところを目的にしてクレジットカードを選んでいただければと思います。

いかがでしたでしょうか。

クレジットカードの見える化は非常に便利で、筆者の家では家族会議の資料となっております。 無駄な使い方出来ないので毎月必死です。 支払いをまとめたうえで、家族に見せることで、本当に無駄な買い物をなくそうとしています。 小さな金額でも、チリも積もれば山となり、大きな金額になって返ってきます。 筆者は単純に節約したいのではなく、旅行のためにお金を残す感覚で実施しています。 是非あなたも家計の見える化を実施して、浮いたお金を有意義に使ってくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

クレジットカードで家計の見える化!ポイントも貰ってお得生活!
Reader Rating 1 Vote