買ってよかった思えるタブレットの賢い選び方

shutterstock_198881204

自分にあったタブレットを選ぶポイントについて

スマホが一般的に使われている時代、タブレットも数多く普及してきました。

PCよりも手軽に使える点や、スマホよりも画面が見やすいなどメリットになる点を生かして、自分にぴったりの1台を見つけてみましょう。

タブレットのサイズを決めよう

タブレットをこれから購入する方にまず注意してほしいのが、画面のサイズです。

タブレットと一言でいっても種類は様々。

どんな目的でタブレットを使うのかによって画面サイズを慎重に選ばないといけませんね。

タブレットの価格も安くなっていますが、でも決して安い買い物ではありません。

損をしないで活用できるように、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことを意識してみましょう。

そこでまず画面のサイズなのですが、タブレットをビジネスシーンや学校で使う場合には携帯しやすい7インチサイズがオススメです。

またスマホでは画面が小さいのでタブレットにしたいという方にとっても7インチサイズがあればゲームもやりやすくなりますね。

タブレットは大人だけでなく子供にも使えるタイプが増えています。

画面のサイズは使用用途によって変えたほうが目にも優しいので、家で使うか、携帯するかなどシチュエーションによって使い分けることも可能です。

スマホは生活の必需品になってきましたが、タブレットも徐々に浸透しつつあり、高齢者でも画面が見やすいため利用する人の年齢層が広がっています。

初めて買う方にとってはどんなタイプがいいのか、難しい買い物です。

まずはテレビを購入する時と同様に画面のサイズから決めてみましょう。

家で使うなら大きい10インチサイズでもよいでしょう。

PCの代用としても使えますので、見やすいタブレットを意識しているならば、画面が大きいほうが安心です。

またカバーやアクセサリーなどを買う時を想定して、需要が多いタイプを選ぶ点も大切です。

目的があって購入すること

タブレットが世界的にブームになっている近年、一台も持っていないのはちょっと恥ずかしいなんて思いをする場合もありますよね。

みんなが持っているから買ってみよう、という気持ちではお金の無駄使いになってしまいますよ。

タブレットは大型家電販売店を始めオンラインストアなどあちこちで販売されています。

機種時代は数万円以上しますので、最初の出費を抑えたい方にはプロバイダーと契約をして機種代をただにすることも可能です。

しかしそこで注意したいのはスマホと同様に契約条件があり、毎月のプラン料金を支払ないといけない点です。

せっかくタブレットを手に入れても、スマホで間に合っている、PCを使っている、というのであればタブレットを持つ必要はありません。

タブレットはサイズ的にスマホとPCの中間にあり、利用方法もどちらのメリットもあるために、絶対にタブレットでないとできない機能はありません。

スマホとPCを持っていれば生活上問題はありません。

しかしゲーム機器として使ったり、仕事で使うなどの目的がある場合は別です。

ブームだから買ってみよう、という理由では必要性があまりなく、結局解約をする羽目になってしまいます。

そこで本当にタブレットが自分の生活に必要なのか、よく考えてみましょう。

タブレットの本体を購入するにせよ、プロバイダー契約をするにせよ、高額な買い物になってしまいます。

そこでタブレットを持つメリットやデメリットもよく理解して、必要な買い物かどうかよく検討してみましょう。

損をしないためには目的をはっきりさせることが大事なポイントです。
 

OSを選ぶポイント

タブレットにはOSの種類の違いにも注意してみましょう。

タブレットのOSの種類はIOSをはじめアンドロイドやwindowsなどがあります。

それぞれの特徴がありますので初心者にはスマホと同じOSを選ぶことをオススメします。

OSが変わると使い方も違ってしまいますので、慣れるまでに時間がかかってしまうこともあります。

初心者におすすめなのはIOS、人気のアップルシリーズがよいでしょう。

またPCを使う方にはアンドロイドのほうが使いやすく、カスタマイズできる点なども魅力になっています。

タブレットを使う目的が何か、それによってもOSを選ぶ必要がありますね。

特定のアプリをダウンロードしたい場合にはそれがどちらのOSに対応しているものかチェックしないといけません。

スマホを利用されている方にとっては使い慣れたOSがありますよね。

機種のデザインなどにこだわらずにOSでタブレットを選ぶことも大切です。

毎日のように使うスマホ、もしある時OSが変わっってしまったらとても不便になりませんか。

タブレットも同じで自分が使いやすいOSを選ぶことが大切です。

現代はブームになっているせいか、タブレットも2台以上持っている人も少なくはありません。

使うシチュエーションによてい使い分ける時代になってきたのかもしれませんね。

初めてタブレットを選ぶ場合はどんなシーンで使うか、想像してみましょう。

そうすることで機種やOS、サイズなどが絞れてきます。

人気の機種などを参考にして、生活に欠かせないツールとしてぜひ活用してみましょう。

テレビを見る

外出先でどうしてもテレビが見たい時、タブレットがあるととても便利です。

携帯ではワンセグと呼ばれるテレビの視聴方法がありますが、まず画面が小さくて見えづらいことや、画質が良くないなどのデメリットがありました。

タブレットを携帯テレビとして使うには、テレビ視聴に向いた機種を選ぶことが大切です。

タブレットでテレビを視聴するためには携帯と同じワンセグ、もしくは画質のよいフルセグがあります。

フルセグの場合は専用のチューナーを購入する必要がありますが、画質の悪いワンセグに比べるとかなりクオリティが良くなっています。

また別の方法ではテレビ局の配信サービスを使う方法があります。

利用料を支払って会員登録をすればテレビ放送が見られる仕組みになっています。

そしてもう一つの方法としてはDLNAと呼ばれる方法があります。

あまり馴染みがない方も多いと思いますが、この方法はレコーダーで録画をしたものをタブレットで視聴する方法です。

家の中では無線を使用するため無料で視聴ができますが、ネットワークのない外出先では見られないデメリットもあります。

タブレットをテレビ代わりに使う場合は、バッテリーの持続時間が長いほうがよいでしょう。

また画質が綺麗なタイプなども意識して選んでみましょう。

テレビが外出先でも見られるのは大変便利な事ですが、それほどテレビ視聴する予定がないのであれば、わざわざテレビ向きのタブレットを購入する必要はありません。

しかし将来的に使用ができるように、初めて購入するタブレットの場合は機能性や画質にもこだわってみましょう。 

タブレットを安く買う方法

タブレットはできれば信頼できるメーカーの商品が安心です。

なかには格安なタブレットもありますが、長く使うためには大手のメーカーでカスタマーサポートが充実しているほうが初心者の方には安心ですね。

いざタブレットを買う時ですが、気になるのが値段です。

最新機種はもちろん値段も高く、高画質で人気がありますが予算がそれほどない方にとっては少しでも安く購入したいですね。

タブレット人気が続いているなか、最近では中古タブレットも話題になっています。

値段を重視して購入したい方には中古タブレットがオススメですが、その時の注意は必ずアフターサービスが充実しているものを選びましょう。

中古のため故障してしまう確率も高いため、専門のショップや大手の家電ショップなどを選ぶと良いでしょう。

タブレットのファンは、新しい機種が発売されると、すぐに古いものを売って買い替える方もたくさんいます。

中古だからと言って機種が古いものばかりでなく、新機種もよく見かけられます。

また使用頻度が少ないものもあるため、ほとんど新品状態で販売されている中古タブレットもあるほどです。

できれば商品を実際に手に取って買うことがオススメですが、ネットショップでは種類も値段の幅広く販売されていますので、気になる機種を店頭でチェックした後にネットで購入してもよいでしょう。

中古タブレットの質は思っている以上に優れたものがたくさんあります。

しかし値段だけにこだわってしまうと、使いこなす前に故障してしまう場合もありますので、中古品を選ぶ場合は特に注意しましょう。 

タブレットで快適生活を始めるには選び方が大切

せっかく購入しても使いこなせとつまらないタブレット。 目的に合わせて満足できる買い物をしましょう。 タブレットは年々機能も優れ、使いやすさも進化しています。 買ってよかったと思える1台をぜひ選んでくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

買ってよかった思えるタブレットの賢い選び方
Reader Rating 1 Vote