デビットカードで即時決済!流行り始めたデビットカードの基礎知識

shutterstock_342086687

デビットカードって何?という方も安心してください!今話題のデビットカードを解説します!

皆さんもキャッシュカードやクレジットカードが財布の中に複数枚入っているかと思います。

これにポイントカードもあわせると、かさばって仕方がないと思っている方も多いのではないでしょうか。

最近話題の【デビットカード】とスマートフォンを駆使すれば、その財布をスリムにできるかもしれませんよ!

デビットカードの基本

デビットカードとは、決済のときにはクレジットカードと変わらず使えますが、その支払いは銀行口座から即時に行われ、
預金残高の範囲内のみで決済が可能なツールです。
参照:VISAホームページ http://www.visa.co.jp/personal/cards/visadebit.shtml

個人への信用のうえで加盟店への支払いを肩代わりし、後日請求をするクレジットカードとは違い、あくまでも個人の預金残高から加盟店へ即時で支払うというものがデビットカードになります。

利用方法はクレジットカード同様、利用したい店舗がクレジットカードの加盟店であれば、基本的に決済可能です。

預金がないと決済できないという点から、銀行口座のキャッシュカードと一体型という形でデビットカードの機能が付与されていることが多いのも特徴です。

デビットカードの優位性

クレジットカードと決済方法が変わらないなら、クレジットカードでよくない?と思われるかもしれません。しかし、デビットカードにはメリットも多いのです。

デビットカードのメリット
・預金の範囲内での買い物のため、それ以上に高額なものは買えない
・決済と同時に預金がすぐに減るため、お金を使っている感覚が残る
・カード発行に際して、信用情報機関を参照はしない。(口座貸越サービス付与の場合は参照される)
・多くはキャッシュカードと一体型になっているため、財布がかさばらない
・クレジットカード同様、利用額に応じたポイントやキャッシュバックなど、特典がある
・利用後にメールで利用通知をするサービスがある(発行会社によりサービスが異なるが、比較的利用通知は早く届く) など

預金の範囲でしか買えないという大前提のため、あくまでの身の丈にあった必要な買い物しかできないという点で、デビットカードを利用する方もいます。

クレジットカードだから多めに買ってもいいや…という経験をした方も多いのではないでしょうか。

正直なところ、筆者もクレジットカードだから・電子マネーだから、あと追加でコーヒーでも買うか…なんてことも多々あります。

そして後でクレジットカードの明細をみて、こんなに何に使ったんだ?という疑問を抱くというところまで、経験された方も多いはずです!

やはり目の前の現金が減っていく感覚こそ、買い物をするときに必要な感覚なのではないかなと思います。

 

決済できるもの・出来ないもの

デビットカードがすごく便利で、現金に近い感覚で使えるという点をお伝えしましたが、実はデビットカードでは決済できないものもあります。

ソニー銀行デビットカードを例にとってみましょう。

参照:ソニー銀行
http://moneykit.net/visitor/sbw/?aapf=v_homeRec

参照:利用できない加盟店
http://moneykit.net/visitor/sbw/sbw07.html

2016年1月よりデビットカードサービスを開始したソニー銀行ですが、利用できない加盟店をマメに更新してくれています。

利用できない加盟店の共通事項は以下となります。

・毎月継続して決済が行われるもの 例:インターネットプロバイダー・携帯電話各社など
・ガソリンスタンドのように、先にカードが使えるかを確認し、サービス後に決済処理(ガソリン給油後に決済)するもの

なぜこういう事態になっているかといいますと、日本ではクレジットカードの利用網が作られ、そのうえに乗っかる形でデビットカードは展開されてきました。

クレジットカードは個人の信用を担保に支払いを後日請求をおこなうものです。

加盟店からすれば、クレジットカードの利用客が使った分は、クレジットカード会社からもらえます。

それを利用者が後からクレジットカード会社に支払うだけなので、加盟店にとってリスクは少ないですね。

しかし、デビットカードの場合、預金の範囲内での利用になりますから、加盟店からすると、利用分を引き落とし出来なかったときに、加盟店が直接お客さんにお金を請求しないといけません。

あくまでクレジットカードの利用網を使っているだけですから、利用網を提供しているVISAなどには引き落とせなかった金額を保証する義理がないのです。

こうやって不良債権をつくると加盟店の負担が増えてしまいます。ならばいっそ、カードの登録・利用の初めの段階で弾いてしまおう…というのが、利用できない加盟点のカラクリです。

とはいえ、このように加盟店が対策をとるに至ったのは、ユーザーが悪用した(ガソリンスタンドで口座に預金がないのに給油したり)歴史があるから、ともいえますのでなんとも言えないところですね。

幸い、ガソリンスタンドなら現金購入で特になるプリペイドカードが売っていたり、主要なインフラである電気ガスなどは口座引き落としのほうが割引になるサービスを用意していることが多いので、節約がニーズの方にとっては別に大きな問題ではないかもしれませんね。

デビットカードを使い倒す相棒・スマートフォン

デビットカードを使い倒すうえで必要なのは、やはりスマートフォンです!最近はスマートフォンでなんでもできてしまいますよね。

デビットカードを利用するうえで重要なのは、やはり預金の管理になってきますが、預金残高もスマートフォンひとつあれば、ばっちり把握と管理が出来てしまいます。

今回例にださせていただいたソニー銀行も、当然スマートフォン対応のインターネットページを用意してくれています。

参照:ソニー銀行
http://moneykit.net/visitor/sphone/

ネット銀行は当初、支店を日本各地に持っていないインターネット専業の銀行のため、口座の引き落としに対応していなかったりと、不満に感じられているかたも多かったかもしれません。

今では口座引き落としの対応件数も増えましたし、何よりも、インターネット銀行同士の場合、振込の反映が非常に速いことに筆者は驚いています。

メガバンクもインターネットバンキングに力をいれていますが、筆者がインターネット銀行の住信SBIネット銀行から、三菱東京UFJ銀行に午前中に振込の手続きをスマートフォンから行ったら、

同じく午前中に着金し、当日中に銀行に行かずにお金の移動ができた、ということがありました。

実は口座振替があることを完全に忘れていて、三菱東京UFJ銀行から引落が成立しませんでした!という通知を受けて、「やばい!お金を動かさないと!でも今日銀行にいけない!」という状況でしたので、本当にありがたかったです。

インターネット銀行とスマートフォンがあったから成せる業ですね。

さらに、お財布をスリムにするのにも、スマートフォンは活躍してくれます!

例えば、楽天ポイントカードアプリがあれば、財布に楽天ポイントカードをいれて持ち歩く必要はありません。

参照:楽天ポイントカード
http://point.rakuten.co.jp/rpointcard/campaign/app/

大手共通ポイント各社もポイントカードアプリの提供をしてくれていますので、財布にいれておかなくても大丈夫ですね。

さらに最近では、家計簿アプリと銀行がの預金残高や取引内容が連動していて、デビットカードを使ったそばから家計簿に記帳されていく!なんてサービスもあります。

携帯電話、とくに決済ツール業界の進化は目覚ましいですね…。

インターネットが当たり前の世界になったことで、非常に魅力的な商品も増えました。その一つがスマートフォンであり、インターネット銀行であり、デビットカードなんですね。

まとめ

デビットカードの基礎知識はいかがでしたでしょうか。ちょっと興味沸いたかも!と思ったら是非使ってみてください! 今回、VISAデビットカードをメインにとりあげましたが、日本では【J-Debit】というデビットカードの推進組織があります。 実は、あまり見慣れない名前かもしれませんが、みなさんの財布の中のキャッシュカードがこのJ-Debitに対応している可能性が高確率であります。 発行した覚えがないかもしれませんが、キャッシュカードを最近発行された方は是非カードの裏面のJ-Debitのロゴを探してみてください。 J-Debit加盟店であれば、預金残高の範囲内で決済できます。 日々進化していく決済ツールですが、是非今話題のデビットカードを使ってみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

デビットカードで即時決済!流行り始めたデビットカードの基礎知識
Reader Rating 2 Votes