電子マネーで賢く生活!今更聞けない電子マネー活用術

shutterstock_294141494

多くのお店で利用できるようになった電子マネー。知らないと損をする電子マネー活用術

今や街中いたるところで使えるようになった【電子マネー】。もはや知らない人はいない電子マネーについて、お得な活用術を徹底解説しちゃいます!

今日からあなたも、電子マネーをいたるところで使い倒してしまいましょう!

電子マネー王国日本の電子マネー事情

近年、いたるところで見るようになった電子マネー。電車やバスで通勤をされる方は電子マネーなのに定期券として使えるSuica、Pasmoなど馴染み深い存在ですよね。

大手コンビニチェーンのセブンイレブンのnanaco、大手スーパーAEONのWAONなど、実は日本は電子マネー大国で様々な電子マネーが登場しています。

SONYが開発した、非接触型リーダー(FeliCa)の技術を活用し、発展してきた電子マネーですが、実は携帯電話(ガラケー)と同じく、電子マネーも【ガラパゴス化】して発展して来ました。

実は世界での主流企画はNFCというもので、apple社も参入したことで近年話題になっていましたね。このNFCと、日本のFelicaは別物で、日本の電子マネーは外国での利用はほとんどできません。

とはいえ、私たちが生活するのは日本ですから、そのようなことは問題ありません!

電子マネーは少しの知識と注意点だけ覚えておけば、簡単に利用でき、子どもに持たせることも可能です。一手間加えるとポイントもついてかなりお得に利用もできる優れものですから、ガンガン使い倒しましょう!

電子マネーのチャージ方法【ポストペイ・プリペイド】とは

電子マネーとひとくくりにしていますが、様々な電子マネーが登場していますので、何がなんだか多すぎてわからない方も多いかと思われます。

まず最初に、電子マネーの使い方から抑えていきましょう。

使い方は簡単です。使いたい電子マネーが、そのお店に対応しているか確認して、電子マネー専用のかざすポイントにかざすだけ!

これで支払いは完了!小銭を出す手間もかかりませんね。

レジの会計が簡単なのはどの電子マネーも共通です。でも電子マネーも残高が無いことには使えません。

電子マネーのチャージの方法は2パターンありますので、こちらも覚えてしまいましょう。

●事前にチャージしておく先払い型【プリペイド型電子マネー】

例:WAON・楽天Edy・Suicaなど

事前にインターネットや店舗の専用端末(駅の切符券売機やWAONステーションなど)でチャージを行ってから、その残高内で買い物をすることが出来ます。

事前に決めた額までしか使えませんから、子どものお使いに持たせても大丈夫。電子マネーによっては落としてしまったときに残高の保証があるものもあります。

●クレジットカードの利用枠内で使える後払い型【ポストペイ型電子マネー】

例:iD・QUICPayなど

クレジットカードなどの支払いと合算して、購入後に後払いで清算をするタイプの電子マネーで、クレジットカードの利用枠の範囲で利用することが出来ます。
(一度の決済額に上限あり。QUICPay:上限2万円など)

事前チャージが必要ないことから、ポストペイ型電子マネーは非常に便利ですが、もし落としてしまったときには、クレジットカードごと利用を停止する必要があったり、キャッシュカードに付帯するポストペイ型電子マネー(VisapayWaveなど)もあるため、紛失時に注意が必要です。

ポストペイ型もプリペイド型も利用時にはポイントが付与されます。ポストペイ型は紐づけられているクレジットカード等のポイント付与ルールの通りに付与され、プリペイド型は決済ごとに200円に対して1ポイントが一般的です。

筆者のおすすめは断然プリペイド型電子マネーですね。その理由はチャージする際にクレジットカードを利用することでポイント付与されるカードがあるためです。

 

クレジットカードチャージでポイント二重取り!

テレビ番組で特集を組まれたり、書籍や新聞でも取り上げられているので、ご存知の方も多いかと思いますが、プリペイド型電子マネーのチャージの際にポイントが付与してもらえるカードがあり、チャージと利用でポイントを2重にもらうことができます!

最近では大手コンビニ各社は電子マネー・クレジットカードへの対応が完了しており、各社のポイントカードと合わせてポイント3重取りなんてことも可能です。

例えばWAONの場合、イオンカードセレクトからのチャージ+WAON利用時のポイント付与+ボーナスポイントや5%オフなどの特売日得点、さらにイオンの株主ならオーナーズカード利用でさらに値引きがあり、

年間100万円以上イオンや専門店街で買い物をするとイオンゴールドカードへのインビテーションがくるなど、メリットがモリモリです。

多くの企業はイオンのように、顧客の囲い込みのための優待プログラムを用意してくれています。TポイントやPontaなど、ポイントでの連携をして顧客の囲い込みをするパターンもあります。

消費者である私たちがこの顧客囲い込み合戦の流れにのってお得な恩恵を受けるためには、電子マネーの活用は必要不可欠なのです!

ポストペイ型電子マネーの強み

プリペイド型電子マネーでポイント2重取りがおすすめと書きましたが、ポストペイ型はチャージできない分劣っているかというと、そうとは言い切れません。

プリペイド型のほとんどは決済金額の200円の倍数にしかポイント付与はされません。

ポストペイのiDで有名な三井住友カードのようにクレジットカードの毎月の請求を合算してくれるカード会社であれば、決済時の端数は無駄になりません。

また、何よりもクレジットカードの枠内で決済ができるので、残高の心配をする必要がなく、チャージの手続きの手間もないため、時間の無駄を気にする方にとってはポストペイのほうが有利です。

特にiDの決済スピードは筆者もびっくりするほどの速さでした。小銭を探したり、おつりと領収書をもらう時間は意外に長いですし、急いでいるときに限ってレジの後ろに人がたくさん並んだりしますよね。

朝の急いでいる時間や、ちょっとした買い物のときに、自分の時間を決済にとられるのが嫌な人は多いでしょうから、これもiDの十分なメリットと思います。

電子マネーの裏話

ここまで、電子マネーの優位性を書いてきましたが、注意点もあります。

電子マネー普及の英雄である、Edyの歴史を追っていくとわかりますが、チャージ可能カードの変更等、改良・改悪など、ルール変更の多い業界でもありますので注意が必要です。

例えば、2016年2月よりミニストップで公共料金など収納代行のWAON支払いが順次対応店舗を拡大してスタートしています。

本来収納代行は現金納付しかできませんでしたが、電子マネーEdyの登場により、クレジットカードからチャージしたEdyで支払うことで、間接的にクレジットカード払いを可能にしました。

これにより、今までクレジット決済できなかったものも間接的にクレジット決済可能になり、ポイントが付くことが一躍有名になりました。

すると、こぞってEdyにチャージして決済という、電子マネーブームが起こりました。

しかし、Edyやクレジットカード会社が意図しない利用法であったため、収納代行のEdy支払いも現在は廃止されました。

次にクレジットチャージに制限がはいるようになり、現在ではクレジットカードからEdyにチャージできるカードが限定されたり、ポイント付与そのものがなくなり、会社によってはクレジットカード自体の還元率を変更されることもありました。

2016年2月現在で収納代行決済可能な電子マネーはWaonとnanacoのみですが、この二種類は現在でもクレジットカードチャージにポイント付与がされるカードがあります。

前項でポイントを付与してもらえるカードという表現を使いましたが、各電子マネーの公式サイトに記載のチャージ可能クレジットカードについては日々更新・変更がありますので、ご確認いただいてからチャージをすることを強くお勧めします。

また、ホームページに書いていないけどチャージが可能でポイント付与という場合もありますので、興味がある方は是非一緒にさがしましょうね!

消費税の増税など、消費者にとってはよくないニュースが続いていますが、電子マネーをフル活用すれば、増税分の3%を取り返すことや、時間の無駄をなくすことだって夢ではありません。

お得に敏感な方から、もうすでに電子マネーの恩恵にあずかっているのです!

まとめ

電子マネー活用術はいかがでしたでしょうか。筆者はこの電子マネーからクレジットカードの奥深さを知り、色々なお得を追求するようになったという経緯があります。 やはりお得に生活をするには知ることから始まります。知識を得たら是非実際に使ってみてください。 きっと電子マネーのお得さに気づいていただけると思います。 ご自身の生活圏で使える電子マネーについて、お得な利用法を研究してみてはいいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

電子マネーで賢く生活!今更聞けない電子マネー活用術
Reader Rating 2 Votes