あなたは大丈夫?借金癖のある人に共通する5つのポイント

shutterstock_77396662

要注意!借金を繰り返してしまう人には共通点があった

金銭管理が苦手な人は決して少なくはありません。

上手なやりくりが出来ず、無駄使いをしてしまうタイプの人って周りに結構いますよね。

そこで早速ですが、借金癖のある人に共通するポイントについてご紹介したいと思います。

現金を使わない

借金地獄になったら大変です。

闇金などの違法業者からお金を借りて、取り立てから逃げ回っているような生活になると家庭崩壊にもなりかねません。

借金をする人には共通するいくつかの点がありますので、早速注意してみましょう。

まず一つ目が現金をあまり持ち歩かないという点です。

現代はクレジットカードの時代。

だれでも1枚は持っていますよね。

現金が無くてもどこでも支払いができる点は大変魅力になっていますが、これが原因で借金地獄にはまってしまう人も決して少なくはないのです。

現金生活をしていれば、いくら使ったか把握しやすいですよね。

しかしクレジットカードを使う場合は、月末に送られてくる請求書を見るまで、利用額がわからないという特徴があります。

また現金とは異なり、お金を使っている感覚がないため、どんどんカード払いが増えてしまうデメリットがあります。

利用の際は十分に注意が必要です。

クレジットカードはオンラインで利用明細をチェックしたり、アプリを使用して管理ができるようになっています。

しかし借金癖のある人は、金銭管理自体が苦手なためクレジットカードは大きな落とし穴になっています。

もちろん現金を持っていると使ってしまうという性格の人もいますが、現金はなくれば使うことができません。

しかしクレジットカードはキャッシング機能がありますので、簡単に借金をする環境が整っているのです。

カードの返済が苦しくなり、他のカードでキャッシングをして返済にまわす、そんな発想が多重債務者になってしまう原因の一つかもしれません。

現金生活でしっかり金銭管理をはじめましょう。

見栄っ張りの性格

借金は決して収入額と比例するものではありません。

高収入がある人でも借金癖がある人は多く、お金が貯められないのは収入額とは関係がないことです。

借金を繰り返す人の共通点としては性格的に見栄っ張りである点があります。

人よりもいいものを持ちたい、まわりからの評価をとても気にする、という特徴があります。

そのため収入に見合わない高額な買い物をしたり、ブランド品などで身の回りを固めているのは自分に自信がないためなのです。

お金を使って見栄を張ることで安心感を得ているのでしょうね。

また自己中心的な性格の人も大変多いことが特徴です。

自分さえよければいい、という発想があるとお金の使い方も自分勝手になってしまいます。

家族がいるにも関わらず、生活費を使い込んで自分の好きなことをしてしまうのは自己中心的な性格の特徴です。

このように見栄をはってしまう性格の人は男女ともに借金癖があり、金銭感覚がマヒしている状況にあります。

欲しいものを我慢できない、計画的にお金を使えないという性格の人は、まず自分自身を変えることから始めましょう。

人間の価値を金銭的なもので判断するのは間違っています。

そのような価値観を変えていくこと、そしてお金の管理をしっかりすることが大切ですね。

誰でも欲しいものが買えなくて我慢することってありますよね。

それが普通の人の生活なのです。

借金をしてまで身を飾るのはある種の依存症でもあります。

また女性に多いのが、ライバルが意識がありほかの人が自分よりもいいものを買うと、ついつい負けたくなくて無駄使いする場合もあります。
 

ギャンブルが好き

借金癖のある人の共通点がギャンブル好きな事です。

借金をしてギャンブルの損失を返すなんて人もなかにはいますよね。

また最近では投資ブームになり、主婦や学生さんもオンラインで簡単に投資を始めることができます。

ギャンブルとは少し趣向は異なりますが、投資も確実な収入が得られるものではない為、十分にギャンブル性があるものです。

どちらも損失を埋めるためにさらにギャンブルをして儲けようと考える点が借金をする人の性格の特徴です。

またギャンブル好きのなかには、とても負けず嫌いでほかの人が儲けているのを見ると、我慢が出来なくなる一面があります。

もしかしたら勝てる、という希望を持ち続けているうちに、いつのまにか借金の額が莫大に膨れ上がっている状況になってしまうのです。

はじめは軽い気持ちではじめても徐々にはまってしまい、生活費を使い込んだり貯金を崩してギャンブル代に当てるなど、徐々にエスカレートしていきます。

このような性格の人は依存しやすく、ギャンブル以外にもアルコール依存症である場合も多いですよね。

このような場合は精神的な問題を抱えていることもありますので、カウンセリングを受けて相談をしてみるとよいでしょう。

ギャンブルに一度はまってしまうと、借金地獄になる可能性が非常に高いです。

投資も同様に儲かるより損失のほうが多いのです。

確実な方法以外で収入を得る発想を変えましょう。

ギャンブルは自分だけでなく、家族や大切な人も巻き込んでお金以上に失うものがあります。

借金が増える前に早く気が付くことが大切ですね。

小出しでお金を引き出してしまう

銀行のATMは最近ではコンビニにも設置されているので、24時間好きな時に自分の口座にアクセスできる点が便利ですね。

この便利なATMは借金癖のある人には大変不利になってしまいます。

借金をする人は毎月お給料をもらうとそのまま使いはじめ、月末にお金が残らないという生活を繰り返しています。

足りない分は借りればいい、という楽観的な発想を持つため金銭管理の重要性を知らないのです。

基本的に収入以上にお金を使っていたらそれは借金です。

便利になった銀行ATMで小出しでお金を頻繁に引き出す人は貯金ができない性格といわれています。

月々の計画を立てないと、お金はいくらあっても足りません。

給料をもらったら今月使える分を下ろし、後は銀行に行く必要はないのです。

頻繁にATMに通っていると手数料が取られるために、ここでも無駄が発生しています。

借金をする人はあるお金は全部使ってしまう性格をしていますので、それを改善するためには家計簿などでしっかり収支を把握することが大切ですね。

月末になるとお金が無くなる、キャッシングでその場を回避する、返済ができない、この悪循環をいつまでも繰り返していると最後には多重債務者になってしまいますよ。

今楽しければそれでいい、という考え方では将来の為に貯金ができないだけでなく、その日暮らしのようなぎりぎりの生活スタイルになってしまいます。

病気をしたり事故にあうなど、想定外の出来事に対応できなくなり、結局借金に頼ってしまう可能性が高くなります。

生活費は常に余裕を持ち、お金を引き出す回数を減らしてみましょう。

 

浪費家

借金癖のある人の特徴には浪費癖がある方がたいへん多いですね。

欲しいものを我慢できない性格は、その場の雰囲気で買い物をすることもしょっちゅう。

後で気が付いたらそれほど必要がないものであったり、同じものを買ってしまったなんてことにもなりかねません。

浪費家の方は整理整頓ができない為、自分の持ち物を把握していない特徴があります。

食べ物も同様に冷蔵庫の中身を知らない為に、余計な食材をその場で沢山買い込んで失敗してしまう傾向にあります。

貯金ができる人は目的がなくただぶらつく為に買い物には行きません。

浪費家の方はその時の気分で買い物をしたり、ほかの人が買っているからという理由で飛びついてしまいますよね。

浪費家は無駄使いをするだけでなく、節約ができないという点も特徴です。

基本的には我慢ができないので、欲しいものがあったらその場で買ってしまいます。

いくら使ったのか把握していない為、給料日前になるお金が無くなり金欠状態。

次の給料日まで待つことができないので、クレジットカードや友達、家族に借金をする人も決して少なくはありません。

借金の種類は様々ですが、住宅ローンや車のローンは生活に不可欠なもので、仕方がない借金でもあります。

しかし浪費家の場合はこのような大きなローン以外にも分割払で買い物をしたり、クレジットカードでボーナス払いなど、将来的にも支払い予定がたくさんある状態です。

ローンを一つ以上もってしまうと、誰にでも借金が増える可能性はありますので、一番大切なことはお金を借りる前に返済の計画を必ず立てること、そしてなるべく早く返済をすることがポイントです。

借金癖のある人は性格的にも問題あり

借金はどうしても必要な場合以外は、自分の金銭管理能力次第でどうにでもなります。 借金地獄にはまってしまう前に、まずは自分の金銭感覚を磨き治してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

あなたは大丈夫?借金癖のある人に共通する5つのポイント
Reader Rating 2 Votes