子供の成人式にかかる費用にびっくりした親って多いですよね?

shutterstock_76406125

子供の成人式にかかるお金、いくらくらいか知って驚くのはお父さんだけ!?

子供のいる家庭にとって、子供の成長は楽しみなもの!

その子供が二十歳になって成人式を迎えるとなると、それまでのいろんな思い出が蘇って、感慨深くなってしまいます。

ところがその成人式って、意外とお金がかかるんですね!特に女の子の場合。

うちはまだ再来年なんですが、もう今から予約しておかないと間に合わないとか・・・。

女の子の成人式の服装で最も多いのはやっぱり振袖ですよね?

母親は自分も成人式で振袖を着たりして、経験があるからだいたいの相場が分かっているようですが、世のお父さん達はほぼ間違いなくその金額を聞いてびっくり仰天するのではなでしょうか?

うちもそうでした。

我が家の事例!娘の成人式費用をちょっと公開します!

まず女の子の成人式費用にはどんなものがあるのか見てみましょう。

中には普通の私服で成人式に出掛ける子もいるでしょうが、たいていの場合、振袖ではないでしょうか?

テレビのニュースなんかで「今日は成人式でした」と取り上げると、ほぼ間違いなく振袖で綺麗に着飾った女の子が映っています。

子供だった娘が名実共に成人になる晴れの日ですから、親も無理してでも着飾らせてやりたくなるのも無理からぬこと。

ところがこの振袖、これが男にはとても理解出来ないくらいのお値段がするのです!

うちの場合、多くの方が選択するであろうレンタルにしたのですが、全部で25万円ほどでした。

25万円ですよ!?これは下手をすると、1か月分のお給料くらいの金額ですよ!

ただ、この金額の中には「着付け代」「ヘアメイク代」「小物のレンタル代金」が含まれていますが・・・。

それをたった一日で使ってしまうことになるんですね。

女の子の成人式にかかる費用の相場ってどうなってるのか調べてみました!

まず親として悩むのが、振袖を購入するのかレンタルで済ませるのかではないでしょうか?

ちなみに振袖は未婚女性が着る物で、結婚したらもう着ることはないというのは良く知られています。

つまり、振袖を購入しても着る回数はほんの数回で終わってしまう可能性があるということになります。

そんな理由からか、やはりレンタルで済まそうとする親が多いそうです。

では振袖に関しての相場について調べてみましょう。

まず、購入する場合。

平均的な相場は15~20万円となっています。しかしこれはあくまで相場。

お金に余裕がある家庭だと、50~200万円と、かなり高額な振袖を購入する場合もあるようです。

ではレンタルではどうなるでしょう。

振袖レンタル業界の相場では、安い物で2~3万円、良い物だと5~10万円だそうです。

その平均相場はだいたい3~5万円くらいのようですね。

購入とレンタルでかなり開きがあるように思われますが、これは成人式シーズンではない2月から10月の間にレンタル予約した場合の話です。

ここに、着付け代やヘアメイク代、小物(履物やバッグ、襟巻など)が加わるから、さらに数万円のお金が加わることを忘れてはいけないということになります。

では、振袖を購入した場合とレンタルした場合のメリットについて考えてみましょう!

まずは購入した場合のメリットについて。
・卒業式やお正月、お友達の結婚式など改まった場所に着ていくことが出来る。
・自分が一番気に入ったデザイン、柄の着物が手に入る。
・家族に妹、親戚に年下の女の子がいる場合にそれを貸して費用を抑えることが出来る。
・結婚後は着なくなるが、自分に女の子供や孫が出来た時にあげることが出来る。

こんなところでしょうか。

ではレンタルした場合のメリットについて。
・予算の範囲であれば、着る機会ごとに違うデザインや柄の着物を選ぶことが出来る。
・振袖の購入よりも安い値段で着ることが出来る。
・着用後はレンタル店に返却するから保管場所に困らない。
となります。

メリットがあればデメリットも必ずあります!

では、購入した場合のデメリットについてまとめてみましょう。
・振袖を着る場面で、場所・機会によって着分けることが出来ない。
・家族に妹がいない、親戚にも年下の女の子がいないと、自分しか着る者がいない。
・将来、自分に女の子供や孫が出来なかった場合、ずっと箪笥に保管しっ放しになるか手放すことになる。

次にレンタルした場合のデメリットについて。
・レンタル店は複数存在する為、場合によっては他の人とデザインや柄が被ってしまう。
・自分の物ではなく、使用後は返却しなければならない為、汚したり破ったりしないかと気を使ってしまう。
・どれだけ気に入ったデザイン、柄、であっても、使用後は返却しなければならない。

こんな感じではないでしょうか。

男の子の成人式の場合はどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

ここまでは女の子の成人式費用についてばかりを掘り下げてみましたが、では男の子の場合はどうなのでしょう。

男の子の場合は女の子とは違って、はるかに安く済ませることが可能になります。

中には男の子でも羽織袴で成人式に出る人もいます。その場合は多少お金がかかることになりますが、たいていの男の子はスーツで出席することが多いようです。

スーツであれば、一部高級ブランドのスーツは例外として、だいたい5万円以内で済ませることが出来るでしょう。

ただ、どういうわけか、スーツにはあまりお金はかけなくても、靴にお金をかける若者もなかなか多いようですね。

靴が高価な物となると、もうそれだけで5~10万円くらいかかってしまいますから、全てを考えると男の子であっても高額になってくる場合もあると覚悟しましょう。

成人式にかかる費用は、結局は子供次第ってことになりそうですね!

男の子の場合も女の子の場合も、成人式にかかる費用の大小は、結局のところ、その子次第ってことになりそうです。 男の子と女の子の違いについてはこれまで述べてきた通りですが、本人が「そんなにお金かけなくていい。」と考えていれば安く上げようと思えば安く抑えることは可能です。 「これまで苦労して育ててきた可愛い我が子のせっかくの晴れの舞台なんだから」と、子供が「いい」と言って断っても、お金をかけて着飾らせてあげたい親もいるでしょうね。 だから大事なのは、親子でちゃんと話し合おうということです。 難しく意見を闘わせる必要はありません。人生の楽しいイベントに対する話し合いなんですから、楽しく話し合ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

子供の成人式にかかる費用にびっくりした親って多いですよね?
Reader Rating 1 Vote