今注目のカーリースで賢く節約する方法について

車は買うよりもリースがお得な訳とは?

車の維持費は家計を苦しめる出費の一つ。

でも車なしの生活はとても不便ですよね。

そこで高い車の維持を抑える方法として注目されている、カーリースの特徴についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてくださいね。

車両維持費の管理が便利

カーリースを行う会社は近年とても増えています。

車に乗らない生活がお金を貯めるには一番の近道。

しかし実際には車が無いと買い物など生活に不便になるだけでなく、せっかくの休日のレジャーも楽しめませんよね。

車を購入するには何年もローンを組んで、月々の返済や毎月の維持費がかかります。

独身の方は最近では車無しの生活を好む人もいるようで、免許を取得しない人も増えているとか。

だんだん車離れが目立っている最近、とても注目されているのがカーリースです。

カーリースとは車を借りることですが、レンタカーとの違いは借りる期間。

リースの場合は半年や年単位での契約になります。

車の購入をするのとは違い、いつか返却をしないといけませんが、初期費用が少なくて済む為に簡単に車生活が始められるメリットがありますね。

また毎月発生する車の維持費。

また税金などの面倒な費用はリース代に含まれているため、面倒な手続きや管理が必要ない点も嬉しいですね。

税金、車検、自賠責保険などマイカーの場合は意外な時に出費が重なるものです。

維持がかかる車の手間を省き、家計の管理がしやすくなる点は魅力の一つですね。

カーリースは個人向けの車両からビジネス用まで色々な契約方式があります。

月々のリース料を支払うだけで簡単に車に乗れることが特徴です。

車はあれば便利だけど、今はお金の余裕がない、そんな方は決して少なくありません。

快適な生活を送るために欠かせない車を、もっと金銭的に負担を減らしたものがカーリースなのです。

独身の方などにもとても人気がありますので、オンラインで色々検索してみましょう。

カーリースの仕組みについて

カーリースのリース料金には、色々なものが含まれています。

最近の流行りではワンプライスの中古車リースなどもありますので、月々の支払いも抑えて車に乗ることができます。

リースをはじめる手順はとても簡単。

オンラインで手続きができる会社が多く、しかも国産車の全メーカーの車の全車種から自分が乗りたいものを選べるという品揃えの多さも魅力ですね。

もちろん毎月のガソリン代は自分が負担することになりますが、車種によって燃費のよいタイプや、こだわりのある車種に乗りたい方などもバリエーションが多い為満足できますね。

またオプションとしてカーナビやETCをつけることもできますので、詳しいことは各リース会社に問い合わせてみましょう。

自動車メーカーでは、通常の車種以外にも特別使用車、限定車などを販売していますよね。

カーリースではこのような車種にも対応できますので、絶対に購入するよりもお得なのです。

リース契約は各社若干内容が異なりますが、リース契約は5年、7年、9年などマイカーのように愛着がわくまで乗れる長い契約期間が特徴になっています。

一例をあげますとオリックスのカーリースでは契約2年後はいつでも返却が可能で、5年契約の場合は終了時にオリックスに車を返却します。

契約期間の長い7年契約の場合は5年以降はいつでも返却が可能で、しかも7年契約が終了した時は自分になるという魅力があります。

今は購入できないけど、将来的にはマイカーが欲しいという方には7年や9年の長いリース契約はとても便利でお得かもしれませんね。

長く乗るほどリース料金も安くなります。
 

コストの違いについて

マイカーをローンを組んで購入した場合と、カーリースで毎月リース料金を支払っているのはどちらがお得なのでしょうか。

そこで二つのコスト的な違いについて比較してみましょう。

まずは車といえば頭金。

購入する時に必要になる頭金は値引き交渉でも役に立ちますので、なるべくローンの返済額を減らすためにも最初頭金の額は多い方が安心です。

リースの場合は頭金がありませんが、リース会社では予定残存価格を設定しているため、契約終了時の車体価格を引いて頭金としてリース料金を計算しています。

車の車種によって異なりますが、月々のローンの額とリース料金では、断然カーリースのほうがお得ですね。

また将来的に車の乗り換えをしたい場合ですが、ローンの場合は一般的にローンが完了した時に乗り換えが可能になります。

場合によってはローンの残額を次のローンに組み込んで乗り換えすることもできます。

リースの場合は契約期間が3年や5年と決まっているため、返却が可能な時期になればいつでも乗り換えが可能になります。

次の新しい車をリース契約して定期的に好きな車種に乗れることが魅力ですね。

また長いリース契約の場合はそのまま自分の車にすることもできますので、将来的な選択肢がある点が特徴になっています。

リースはまず好きな車を選びオプションなどをつけて毎月の料金の見積もりができます。

もちろん車体価格が高い車のほうがリース料金も高くなりますので、コストを抑えるためには車体価格が安いコンパクトな車が経済的ですね。

リースでは最終的に審査をして契約ができるかどうか判断されます。

事故対応や修理

車は購入代金以外に税金やガソリン代など毎月発生する維持がとても高額になります。

また自動車保険の支払いもあるため、車のローンを返済しながらこれらの維持費も払い続けないといけません。

また車が事故を起こした時は自分の保険会社と連絡をして対処してもらうことが必要になり、車の故障時には修理代も自腹になっています。

しかしリースの場合は会社によっても異なりますが、月々のリース料金の中に修理代金を含まれている場合もあり、また事故を起こした時はリース会社に連絡をすれば迅速な対応をしてもらえるメリットもあります。

車は毎日安全に運転できればよいのですが、いつどこでどんな事故に合うかわかりません。

自分の自動車保険の内容をしっかり理解しておかないと、補償外の対象になってしまうなんてケースもありますよね。

しかしリースの場合は面倒な手続きもなく完全にお任せができる点が魅力ですね。

リース料金は月々1万円の車やトヨタプリウスなどで35,000円前後のリースもあります。

また女性専用のリース契約など、それぞれの目的に合わせた契約内容や車種もありますので、メーカーを限定せずに自分が乗りたい車を選べる点も嬉しいですね。

ちょっと気になる場合はリース契約のシュミレーションサイトで値段を調べてみましょう。

はじめて車に乗る方には、リース契約のほうが色々な手続きを省くことができるため、便利で簡単かもしれませんね。

またリース料金以外にかかる費用も把握しやすい為、金銭管理にもメリットになる部分が大きいのです。

リースにするかローンで購入するか、それぞれの違いをよく理解しておきましょう。

カーリースのデメリット

リースはコスト的にローンを組んで購入するよりもお得な面があります。

頭金などが必要ない為すぐに車に乗りたい人にとっても魅力的です。

しかしその前にリースのデメリット点についても理解しておきましょう。

一般的にはカーリースは個人経営者や法人向けであるといわれています。

それは経費の管理がしやすい点があります。

デメリットとして毎月のリース料を支払っても、一定期間内に返却しないといけない点や、リース料にかかる金利が金融機関よりも高いという点があります。

また大きな事故を起こしてしまった場合には、リース契約が解約になり残りのリース代金を一括で支払わないといけないというデメリットもあります。

さらによく見落とされてしまうのが走行距離の問題。

自分の車ならどれほど長く走行しても関係ありませんが、リースの場合は走行距離が決められているため、それ以上の距離を走ってしまった時は追加料金が発生します。

またリース契約を途中で解約する場合は、解約金が発生するため、場合によっては購入をしたほうがお得になるという一面もあるのです。

カーリースは頭金がない人や月々の諸経費を簡単にまとめたい方などにオススメですが、将来的に長く車に乗るつもりであればローンで購入したほうが結果的にお得になるとも言えます。

リース代金を支払って乗っていても、それは他人が所有する車です。

気を使いながら乗らないといけない為、車のケアにも必要以上に神経を使ってしまいますよね。

そんなストレス面も考慮して、リースがお得か、ローンで購入したほうがお得なのが、失敗しないようによく比較してくださいね。 

メリットとデメリットを必ず理解すること

頭金がゼロ円で車に乗れる。 そのメリットはとても魅力的です。 しかも好きな車種を選べて自分のものになる可能性だってあるのです。 カーリースが注目される近年。 後で後悔しないように、自分のライフスタイルに合うかどうか検討しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

今注目のカーリースで賢く節約する方法について
Reader Rating 1 Vote