一人でも大家族でも活用できるコストコの利用技

shutterstock_92894509 (2)

憧れのコストコで節約生活をはじめよう

コストコといえばアメリカ生まれの人気スーパー。

店内はとても広くて売っているものがすべてアメリカンサイズ。

日本では見かけないようブランド商品も勢ぞろいしています。

そこでお得にコストコを活用する裏技についてまとめてみました。

会員になる時のポイント

現在日本では約20店舗ほどあるコストコ。

郊外に行くと見かける大型スーパーで、とても人気がありますよね。

売っている食材などはとても量が多いので、お値段も安く家計の節約には絶対に欠かせないお店です。

食料品だけでなく日用雑貨、衣類、電化製品なども揃っているので、宝さがしのようなワクワクがたまりません。

コストコは会員にならないと買い物ができない仕組みになっており、年会費を払わないといけません。

コストコにはビジネスメンバー3500円、個人会員のゴールドスターメンバー4000円と、年会費は決して安いものではなく、元を取には何度も買い物に行かないといけませんよね。

コストコの会員登録をする前に覚えておきたいことは、もし一年以内にまた買い物をする予定があるのなら、会員になるのはお得ですが、一度だけならば会員費を払うのはもったいないですよね。

万が一会員登録をして買い物をしても、満足ができない場合は退会手続きをして会員料金を返金してもうらことができます。

当日入会、当日退会が可能な為、一度だけの買い物をしたい場合にはこの方法で無料でコストコへ入店することが可能です。

個人会員になると家族カードが1枚もらえますので、ゲストとして連れていくことが可能です。

入会する際には身分証明書が必要になります。またコストコでは無料入店できる日もありますので、公式サイトをこまめにチェックしておくとよいでしょう。

年会費を払う点が気になりますが長期的に買い物をする予定がある人には会員登録をしたほうがお得でしょうね。

少しでも節約のためには投資も必要なのです。

冷凍食品

コストコで販売している食品はすべてがお得とは限りません。

海外から輸入している商品は割高になっている為、ついつい飛びついて無駄使いをしないように注意しましょう。

そこで失敗しないアイテムの一つが冷凍商品。

量が多い冷凍食品は家族の場合は買い込んでも良いのですが、一人暮らしの場合は食品の買い過ぎは無駄になるだけ。

でも冷凍食品なら小分けして保存ができるので、積極的に買いたいアイテムの一つです。

特にシーフードは小さなパックを買うよりも大きな業務用サイズがオススメ。

また冷凍野菜やピザなどもあるとても便利ですよね。

コストコの食品はすべて量が多い為、一度に使い切るのは大変です。

お友達と分けるか、上手に保存して使うなど工夫をしましょう。

また一人暮らしの方には大変便利な冷凍の加工食品。

冷凍パスタなど温めるだけですぐに食べられるので、料理をするのが面倒な時にあるととても便利。

外食をするよりも家で食事をしたほうが食費の節約になり、特大サイズの食料品を買っておけばとてもお得でお手軽です。

コストコの冷凍食品のバラエティはとても多いので、日頃使いやすい食材を始め珍しい海外の食品にもトライしてはいかがでしょうか。

温めるだけの惣菜にちょっと手を加えてオリジナル感を出しても良いでしょう。

冷凍のグラタンなどは大きな箱に6食ほど入っているサイズがあります。

量が多い食品を買うと一見お金がかかっているように見えますが、コスパでは断然にお得ですよ。

コストコとで食費の節約をはじめてみましょう。

何度もスーパーに買い物に行くと余計な出費になるのでコストコのまとめ買いがお得です。
 

KIRKLANDのブランド品

コストコで販売している商品の中で目につくのがKIRKLANDというブランド。

これはコストコのPB商品でメジャーなブラントと比べるととてもお得になっています。

洗濯洗剤などの日用品からペットボトルに入ったビッグサイズのジュースまで店内では色々なジャンルの商品を見つけることができます。

PB商品のジュースは2.8リットルサイズが2本セットになって758円ととてもお得です。

350mlサイズで計算すると1本が50円以下ととてもお買い得商品です。

またなかには有名な食品メーカーがコストコとコラボで作っている商品もありますので、少しでもお得な商品を見つけてみましょう。

ペットボトルの水、トイレットペーパー、など買い置きができる商品はPB商品で十分です。

食品や雑貨類、すべてのジャンルに置いてとても質が良いと口コミでも人気になっていますので、どれにしたらよいか迷った時は、安いPB商品を選んではいかがでしょうか。

そこで食品を買う時の注意ですが、カークランドブランドは、安全を売りにしている為、食品添加物を使用しないことが特徴です。

そのため、消費期限が短いので早く食べないといけません。

値段が安いことはとてもありがたいのですが、食べきれない買い物をするのは無駄使い。

計画的に食材の買い出しをしてくださいね。

コストコのPB商品、カークランドブランドには工具などの専門的なアイテムや下着、衣類などもたくさんあります。

コストコでしか買えないブランドなので、まずはお買い物に行ってどんな商品があるのかチェックしてみるとよいでしょう。

日用雑貨品を買う

日用雑貨品は買い置きができるので、大きなサイズでも全く問題なし。

一人暮らしでもコスパを考えたらトイレットペーパーやキッチンペーパーは少しでも安い方が安心ですよね。

このような消耗品を買うならコストコが一番オススメです。

カークランドブランドなら、キッチンペーパーが12ロールで2000円以下で買えますよ。

しかもペーパーの厚さもしっかりしているので、一枚でいろいろとお掃除もできる質の高さです。

そしてコストコといえば人気があるのがアメリカ製の洗濯洗剤。

ダウニーやスナグルなどの衣類の柔軟剤は最近オンラインでもとても人気があるアイテムの一つ。

コストコで実際に香りをチェックをして購入してみましょう。

値段はお安くなっていますので、セール時期を狙って買い込んでもよいでしょう。

また大きなサイズの食器用洗剤は2.5リットルもあるジャンボサイズが650円程度。

いくらスーパーのセールで買っても、これほどコスパの良いものは見つからないと思いますよ。

一人暮らしの方はコストコで買い置きができる日用雑貨品をたくさん買い込むとお得です。

アメリカ製の芳香剤もネット通販で買うよりもコストコのほうが安いですよ。

外国の生活をちょっと体験してみたい方はコストコで日本で売っていないような日用雑貨を買ってみてはいかがでしょうか。

アイテムによっては割高になる場合がありますが、輸入雑貨を買うとしてもネットよりもコストコとのほうが安いアイテムがたくさんあります。

じっくり値段を比較して、お得な買い物をすると同時に珍しいレア商品にも注目してくださいね。 

フードコートで休憩

コストコでお得なのは店内の買い物とそしてフードコート。

広い店内を歩いたらちょっとお茶でも飲みたくなりますよね。

外のお店で食事をするよりも断然店内のフードコートのほうがお得です。

人気のアイテムはホットドッグ。

オニオンやマスタード、ケチャップは自分でトッピングができるのでお好みに合わせてアレンジ。

飲み放題ドリンクがついて値段は250円です。

ボリュームもありドリンクがついているこのお得感はファーストフードでは絶対にありえませんよね。

またフードコートで人気があるものがピザ。

日本のピザと比べると驚くほどの大きさですが、こちらの値段も1枚300円と大変お得になっています。

またクラッカー付きのスープなどもありますので、何を食べるか迷ってしまいますね。コストコでは惣菜商品もたくさん販売していますので、買ったものを帰りに食べることもOK。

一日のんびり大型スーパーで過ごすのはとてもワクワクして楽しいですね。

近所のスーパーでは見かけないような海外の商品がたくさんありますので、ちょっと外国気分を味わえるチャンスにもなります。

コストコで節約生活を始めるには上手に食材などを小分けにして使うことがポイントです。

また保存ができる雑貨品なども、一般の価格と比較して節約をしてみましょう。

珍しいものがたくさんあるので、ついつい買ってしまうアイテムもありますが、割高になる商品も少なくはありません。

無駄にならないように、特に食品は賞味期限などもチェックしてから購入しましょう。

初めての方は無料入店できるクーポンなどを利用するのもよい方法ですね。 

コストコを活用するにはじっくり料金を比較しよう

いらないものまでついつい買ってしまうコストコ。 大きなサイズだらけで思わず値段の感覚がわからなくなることも。 無駄使いをしないように、コスパを計算して上手なコストとの買い物をしてくださいね。 ちょっとしたアトラクション的な存在なので楽しめること間違いなしです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

一人でも大家族でも活用できるコストコの利用技
Reader Rating 1 Vote