これだけは知っておきたい「防災グッズ」

備えておきたい「防災グッズ」

   
2011年3月11日の「東日本大震災」から5年経ちました。

「天災は忘れたことにやってくる」と言われるように、災害については日頃忘れがちですが、震災を教訓にして「防災グッズ」を準備しておきたいものです。

非常用食料品

   
一般的に、非常食・保存食と言われる専用の食品が利用されています。

しかし、いわゆる「インスタント食品」の多くも、「定期的に家庭で消費しながら、常に新しいものを家庭内に一定の量を備蓄しておく」という方法をとっている家庭も多くあります。

しかし、調理に使う飲料水も断水で止まる可能性があるため、調理用の水も別途に用意しなければなりません。

また、調理に使うコンロ等も必要になります。

従って、できれば調理しないでそのまま飲食できる食料品の方が便利です。

   
準備しておきたい非常食料品は、以下のとおりです。

・乾パン(非常食として一番認知されているが、味にバリエーションがなく、高齢者・幼児向きとは言えない。)

・アルファ化米(日本で最も備蓄されている保存食で、味も豊富で食べやすく、登山・旅行用の携帯食としても人気が高い。)

・保存パン(最近急激に普及している。中味は主に甘い菓子パン。)

・缶詰(別に温める資器材と、缶の構造によっては缶切りも必要になる。)

・レトルト食品

・インスタントラーメン(やや調理に難がある。賞味期限は半年程度。)

・ミネラルウォーター(長期保存水が良い。)

・塩漬け類

・粉ミルク(乳幼児には、必須アイテム。)

・サプリメント(栄養バランスを考えるなら必要。但し、賞味期限が長くは持たない。)

・干物

・乾物

料理用器具・給水器具

   
災害時に、水は飲み水として貴重であるため、食器類を洗えない場合があります。

このため、使い捨ての紙製食器を利用したり、日常使っている食器の上に食品用ラップフィルムを被せて使用したりします。

この方法によって、清潔に食事ができ、水も節約できます。給水車からの配水を受けるために、容器も準備しておきたものです。

   
準備しておきたい料理用器具・給水器具は、以下のとおりです。

・食器類

・紙コップ

・紙皿

・食品用ラップフィルム(水や洗剤を使わないため)

・アルミホイル

・給水用ポリタンク(空のペットボトルでも構わないが、注水時に時間が掛かる)

・浄水器、浄化装置類

・自転車搭載型浄水器

・炭(簡易浄水器を作る際に有用であり、燃料として使用可能)

・新聞紙(テーブルクロスの代用など)

医薬品類

医薬品類は、消費期限に注意しなければなりません。

また、衛生的ではない状況では風邪や消化不良なども発症するため、それ対応する常備薬も必要です。

慢性疾患がある場合は、その治療薬もすぐに持ち出せるようにしておきたものです。

準備しておきたい医薬品類は、以下のとおりです。

・メガネ・コンタクトレンズ(できれば予備も用意)

・コンタクトレンズ洗浄器具

・ガーゼ

・包帯

・三角巾

・ピンセット

・消毒液(消毒用アルコール、オキシドール)

・マスク

・防塵マスク

・冷却シート

・瞬間冷却保冷剤

・自動体外式除細動器(AED)

・内服薬(主にビタミン剤、胃腸薬、頭痛薬など)

・タオル

・生理用品(ナプキンなど、ガーゼとしても使用可能)

灯火類

    
夜間や停電した屋内などでは、照明の有無が生死を分ける場合があります。

火を利用する場合は、火災の予防に配慮しなければなりません。

準備しておきたい灯火類は、以下のとおりです。

・懐中電灯(携帯用の電気照明器具)

・ペンライト(軽量なので携帯に便利だが電池切れには注意)

・ヘッドライト(作業や瓦礫や土砂崩れを越える際に、手に持つ必要がなく両手が使えるため便利)

・灯油(飲料・生活用水と間違えない様な容器を使用する事が望ましい)

・ランプ

救助用品

救助品は、防災倉庫にも一定数用意されていますが、大規模な災害では数が不足するため、各個人が持ち寄ることで、多くの人手を動員することができます。

ただし、救助活動中の二次災害に注意する必要があります。

準備しておきたい救助用品は、以下のとおりです。

・金槌

・木槌

・バールあるいは形状がバールに似ているもの

・鉄パイプ(バールの代わり)

・ロープ(5m程度でも、各個人が持っているなら繋げて利用できて便利)

・無線機(誰とでも通信出来るアマチュア無線用が有効)

・ヘルメット(保護帽)

※防災備蓄用としての保護帽は、繊維強化プラスチック(FRP)製の保護帽が最も適しています。

それは、FRPの多くが熱硬化性樹脂を繊維で強化しているため、耐熱性が高く、火災などの熱で炙られても軟化しにくいからです。

ABS・PC・PEなどの熱可塑性樹脂製品であっても落下物に対しては有用ですが、FRPに強度面で劣る上に、熱で軟化しやすいです。

FRP製品は材質の特性上、熱可塑性樹脂製品(3年)に比較すれば長寿命(5年)であるため、比較的長期の保存にも耐えることができます。

また、帽体の丈夫さも上回ることとなります。

・防災頭巾

※震災では落下物への注意を必要とするため、防災頭巾は必須です。

防災頭巾は水に濡らすことで、火災の熱から頭を守ることができます。

・手旗

・有線電話(戦時や災害時などに、臨時に引く電話。)

災害時には情報伝達手段が制限されます。

また普段利用している日用品が、災害時には不足することもあります。 以下に示すのは、通信手段や身の回りの道具です。 また治安悪化に備えて防犯用品を入れることが望ましい。 ・身分証明書またはそのコピー(運転免許証・パスポート・健康保険証・住民基本台帳カードなど) ・身元・連絡先・血液型・疾病・その他をメモしたもの(自力で説明できない事もある) ・手旗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

これだけは知っておきたい「防災グッズ」
Reader Rating 1 Vote