教育費の節約には覚悟が必要?家庭学習のすすめ

shutterstock_353072696

学力を落とさずに教育費を節約する方法はあるの?

人生の三大資金と言われる住宅、教育、老後資金。

中でも教育費は聖域と呼ばれ、食費や被服費のように節約しづらい項目です。

子供のためにと思って教育費を湯水のように使ったために、老後資金が足りなくなってしまっては、最終的に子供に迷惑を掛けることになってしまいます。

はたして教育費を節約することは可能なのでしょうか?

節約するとしたら、どこを削ればいいのでしょうか?

今回は、学力を落とさずに教育費を削る方法を徹底的に考えてみました。

教育費の捻出に頭を悩ませている方、是非、参考にしてみて下さい。

 

教育費は最低1千万!は本当か

教育費は子供一人当たり1千万円。

これ、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

いやいや、1千万じゃなくて2千万円だよ。と言う人もいます。

この金額だけでも相当ビビりますよね。

そんなにお金が掛かるのでは子供は一人が精いっぱい。

あるいは、子供自体が贅沢品で持てない!

そんな風に思って、少子化に拍車がかかるのも頷けます。

実際のところ、教育費ってどのくらい掛かるのでしょうか。

文部科学省が公表している平成26年度「子供の学習費調査」に幼稚園から高校までの学習費総額(学費、給食費、学校外活動費)が載っていす。

幼稚園~高校まで全て公立・・・約523万円、
幼稚園だけ私立・・・・・・・・約609万円
高校だけ私立・・・・・・・・・約698万円
幼稚園と高校だけ私立・・・・・約784万円
小学校だけ公立・・・・・・・・約1,041万円
幼稚園~高校まで全て私立・・・約1,770万円

この上に、大学の学費、国立539万円、私立文系692万円、私立理系822万円が上乗せされます。

この金額は自宅通学の場合なので、下宿したらさらに掛かりますね。

教育費が1千万円~2千万円というのは、どうやら本当のようです。

教育費の中で節約できるのはどこだ?

まず、学費と給食費は削れません。

これが払えないようでしたら、役所に相談に行きましょう。

部活に掛かる費用も節約しづらいですね。

削るとしたら、学校外活動費。そう、塾や習い事です。

上の、子供の学習費調査の資料によると、学校外学習費の平均は年間約21万円。

その内、塾や家庭教師などの補助学習費の平均が約15万円。

学年が上がるほど、習い事よりもお勉強系にお金が掛かるようになります。

子供が好きで習っている芸術系やスポーツ系の習い事。

これをやめさせるのはちょっと可哀想です。

そうすると、唯一削れるのはお勉強系。塾や通信教育などでしょうか。

 

塾代は節約したいけど学力は下げたくない

お勉強系の習い事をお金のかかる順番に並べていくと、塾→通信教育→市販のドリル、のような感じになるでしょうか。

大学受験まで全て、自宅で参考書やドリルで自分で勉強してくれれば、本当に親孝行ですが、それが難しいのは親自身も感じているはずです。

最近の学校では、出来ない子が出来るようになるまでキッチリ指導していない。

大体の子が塾に行っているので、詳しいことは塾で教えてもらってね、と言うスタンスで、サラっとしか教えてくれない。

私の周りのお母様方から、聞いた話です。

学校の授業だけでは学力が保てそうにない・・・

そうすると最後には、塾頼みになってしまいますが、塾に通うのを1年でも遅らせれば、その分のお金が節約できますよね。

塾に通う前に家庭で出来ることはたくさんあります。

その方法を見ていきましょう。

幼児から小学生までは無料で家庭学習

今は赤ちゃんの時から知育教育が盛んです。

知育教材、英語のDVD、幼児教室や公文に通っていたり・・・

周りの子が既にお勉強をしていると、ウチも何かしておいた方がいいのでは?と焦ったりします。

でもこの時期は、特に勉強なんてする必要は無いと思います。

勉強って、やる気が出た時が一番伸びますものね。

ただ最初から劣等感を持たせる必要は無いですよね。

幼稚園や小学校に通い始めた時に、他の子が出来る事が自分には出来ない、それが原因で自己評価が低くなってしまっては、その後の学習意欲に影響が出てきます。

遊びの延長のような感じで、幼稚園や小学校でも困らない程度の勉強。

それなら、お金を全く掛けないでお勉強する方法があります。

スマホの知育アプリを利用しても良いですが、紙に鉛筆で書く練習をしておけば、より自信がつきますね。

無料で知育ドリルがダウンロードできるサイトがあります。

「五つ星学習プリント」で検索してみて下さい。

こちらでは、教科ごとに最適な無料サイトをたくさん紹介しています。

一例ですが、幼児向けの「ちびむすドリル」。

ひらがなや点つなぎ、ぬりえなど、初めて鉛筆を持つ幼児向けの知育ドリルが満載です。

小学生向けなら、「ドリル・出来すぎ君」。

算数、国語、社会、英語のドリルが揃っています。

計算が苦手なら、100ます計算のドリルもあります。

どの段階でどのドリルを与えるか、そこが親力の見せどころなのですが、

勉強が難しくなってくる4年生くらいから、プリント学習だけでは限界が出てきます。

小学高学年からは格安で家庭学習

子供が分からない問題を質問してきた時に、親が上手に教えられればいいのですが、これがなかなか難しいです。

自分の教え方がヘタクソなのに、理解できない子供にイラだってしまい、親子喧嘩に発展。

親が教えるのは無理だから、という理由で塾に丸投げすることに。

良く聞く話です。

でも、塾に行く前に一つ試してもらいたい教材があります。

リクルートの通信教育の「スタディサプリ」です。

テレビCMで知ってる方もいらっしゃると思いますが、以前は「勉強サプリ」という名前でした。

月々980円で全教科の講座がパソコンやタブレットで見放題。

一流の講師陣を集めており、特に教材を購入する必要もありません。

全教科見放題なので、先取り学習としても、復習としても使えます。

ただ、こちらも親力が相当試されます。

自分で進んで学習してくれる子供ならいいのですが、そんな子供はめったにいないので、学習計画は親が練らなければなりません。

学習計画を立てるのが大変なら通信教育

学習計画を立てるのって、意外と大変です。

子供の苦手な項目を把握して、効率よく復習させる・・・

簡単そうに見えますが、至難のワザです。

この問題をカバーできるのが通信教育の良いところです。

親は、毎月届く教材を溜めないように気を配れば良いだけなので、その点で気が楽です。

添削問題などで、どこが苦手分野なのかも分かりますし、

最近はタブレットなどで手軽に勉強できるようになりました。

有名どころは、ベネッセやZ会でしょうか。

ただ、お値段は上の教材に比べたら、それなりに掛かってきますよね。

それでも塾代に比べたら格安なのは確かです。

でも、家ではどうしても甘えが出てしまって、なかなか勉強モードにならないもの。

そんな理由で塾に通うケースもあります。

どうしたら家で進んで勉強するようになるでしょうか。

家庭学習が当たり前の環境にするには

塾に行けば、周りの子はみんな勉強しています。

そのような環境の中に入れば、自分も勉強しなければと自覚も芽生えますよね。

そういう点も、塾が支持される理由でしょう。

家の中は誘惑が一杯です。テレビにゲームにマンガに・・・

子供がそんな環境の中で、集中して勉強するのは大変な事なのです。

「勉強しなさーい!」と怒鳴って後は子供任せ。

のび太のママのようになってはいけません。

まず、勉強する時間と場所を確保しましょう。

勉強の時間帯は、家族全員が勉強の邪魔をしないと約束すること。

場所は、子供が集中できればリビングでも子供部屋でも構いません。

勉強の時間が来たから勉強する。それを当たり前にしましょう。

勉強しているのを「見張る」のではなく、「見守る」ように心がけます。

出来れば、親も一緒に勉強や読書をすると、より良いですね。

1日のノルマを終えたら、後の時間は好きに過ごさせてあげましょう。

塾だったら、通塾時間も取られてしまいます。

その分も遊べるのが、家庭学習の良いところです。

お金は掛からないが手間は掛かる

上で見てきた通り、家庭学習が当たり前の環境作りが成功すれば、大学受験まで塾に通わなくても済むかもしれません。

そこまでは無理でも、通塾時期を大幅に遅らせることが出来ます。

しかし、それには大変な手間が掛かることは覚悟しなくてはなりません。

幼児期から無料プリントをせっせと印刷して、遊び感覚で家庭学習を始めれば、だんだんと家で勉強することが当たり前になるでしょう。

小学生になっても、勉強は楽しい!そんな雰囲気作りが大切です。

何歳まで無料で勉強できるか、無料が無理なら格安で。

教育費の節約は、親力を試されているのと同じですね。

塾代を節約出来れば、その分を留学や修士課程にも回せます。

子供の夢が膨らんでも、対応してあげたいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 子供一人当たり1千万円~2千万円かかる教育費。 教育費は聖域だからと言って、ずるずるとお金を掛けてはいけません。 勉強はやろうと思えば、お金を掛けずにどこでも出来るものなのです。 ただし、それには相当の手間暇が掛かる事は覚悟しましょう。 教育費のせいで、老後資金が貯まらなかった・・・ それが子供にとって一番の負担になることを忘れずに。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

教育費の節約には覚悟が必要?家庭学習のすすめ
Reader Rating 1 Vote