家計の中で案外気にしないけれど意外に高い水道代を節約する

家計をもっと楽にする。水道代を安くする方法

家計の中でも意外に使っているのが、水道光熱費です。

水道光熱費は1万円を超えていたりしませんか。

1万円を使うとなると結構慎重に使いますよね。

そうぽんと出せるような人はこのようなホームページを読んではいないでしょう。

出しっぱなしの水をみて起こってしまったりしますよね。

水道代を減らすことで新しく何かができるかもしれません。

5千円も浮けば一年間で6万円です。

子供を塾や習い事に通わせることができるでしょうし、海外に旅行に行くこともできます。

そのために、節約をしてはいかがでしょうか。

水の使用先

水道代について節約を考える前に、水道から引いてきた水はどこにどのくらい使っているのかについて考えたいと思います。

いったいどこに使っているのでしょうか。

考えてみてください。

トイレ、ふろ、台所、庭、洗車、洗濯などなどいろいろと水を使う先があると思います。

どうでしょうか、一番つかっていそうなところのイメージがついたでしょうか。

統計的には、トイレ・お手洗いでの水の使用が全体の28パーセントを占めているらしいです。

結構多いです。

次に、お風呂の24パーセントが来ます。

結構意外な結果ではないでしょうか。

お風呂が多いと思ってしまいますが、トイレ・お手洗いの水の使用がとても多いことがわかりました。

次に、キッチンの23パーセントです。

トイレ・お手洗い、お風呂、キッチンが水の使用量がとても多いことがなんとなく理解できるでしょう。

この程度の違いなら人によっては量が前後するでしょう。

そして、キッチンの次は洗濯の17パーセント、洗顔の8パーセントがきます。

トイレを一回流すときにかかる水の量は、8リットルから10リットルで大体3円程度のコストがかかってしまっています。

節水のためにも、節約のためにも水を流す回数を減らすことが必要です。

トイレの水使用量を減らす

トイレは家庭で最も水が使われていることがわかりました。

しかし、人の生理現象であるから、トイレの回数を減らすというのは困難で、解決策としては妥当ではありません。

ではどう言った方法があるのかというと二つの方法をお教えします。

トイレの水道代節約方法として有名なものが、タンクの中にペットボトルやレンガを入れて一度に出る水の量を減らす方法です。

しかし、この方法を用いると水圧が落ちてしまって何度も流す必要が出てきたりして、節約にならないことが多いです。

そういった水圧の問題を解決して、水圧を落とさずに水の節約につながるものが、節水グッズの「ロスカット」です。

これまでの水圧を維持しつつ、排水量を3割程度抑えることができるというものです。

タンクに取り付けるだけで、メンテナンスは不要です。

一度設置するだけなので、結構楽です。

メンテナンスフリーな点がうれしいところでしょう。

次の二つ目の方法は、案外単純ですが、レバーを使い分けることです。

意外にも多くの人はトイレのレバーの「大」と「小」を使い分けておらず、「大」だけで使用する人が多いです。

ちなみに、水の量の差を見てみますと、「大」は約8リットルを流すのに対して、「小」は約6リットルなので、使い分けることで2リットル程度の節水になります。

「小」の回数のほうが多いため、かなりの差が発生することがわかると思います。

 

お風呂で節約する

まず気になるのが、お風呂に入ることとシャワーを浴びるのではどちらのほうが水の使用量が多いかという点でありましょう。

浴槽一杯分の水の量は、シャワーでいうと15分分に当たります。

あなたのシャワーの時間が15分だとするとお風呂に入ったほうが水道代の節約につながります。

四人家族で考えると一人15分シャワーを使用すると一か月で21,600リットル、牛乳パックは1本1リットルなのでどのくらいの水を使っているのかイメージしづらいですね。

かなり多いです。

水道代だけでも8,000円にも上ります。

シャワーは当然水の温度ではなくてお湯にして浴びているでしょうからガス代も当然かかってきます。

お風呂で水道代を節約することを考えた時には、最も効果があると思われる方法が「節水シャワーを使用」することです。

節水シャワーヘッドとは、シャワーの出る穴の数を少なくして水の量を少なくすることができる節約グッズです。

シャワーの穴が少ないため、水圧が分散せずに、高くなります。

快適な使用感で水道代が節約できるようになるので、うれしいアイテムです。

また、節水シャワーヘッドには、手元に一時的に水を止めるボタンがついているものが多いです。

こまめに水を止めることができるようになるので便利なボタンです。

このボタンにより、より節水効果が高くなるようになっています。

また、二つ目の方法としては、お風呂の残りのお湯をつかることです。

お風呂の残りを使用する節約方法はかなり一般的には広まっている。

一部の人は、お風呂の残り湯には入った人の垢などがついてしまうと考えてしまいがちだが、洗う部分だけで使用すればよいだけで、すすぎの部分は普通の水を使えばよいです。

洗いの部分は洗剤を使って汚れを落として汚れた水の中で洗いますのであまり差がありません。

キッチンで節水

キッチンでの節水について次は考えてみましょう。

キッチンの水のしようといってたら、食器洗いです。

5分間水を出しっぱなしにして洗った場合には、60リットルもの水を使っています。

一般家庭の月額に換算すると2200円相当になります。

意外に侮れない額になります。

キッチンで洗う時には、基本はため洗いです。

まず、水を流しっぱなしで食器類を洗うのは、最も節水から遠い方法です。

ため洗いをした後に、水ですすぐだけで水道代の節約に大きく役に立ちます。

キッチンの洗い場が広い場合には洗い桶を二つ使うとよいです。

一つ目の桶に水と洗剤を入れてため洗いをして、使い終わった食器をまずはそちらの桶に入れます。

二つ目の桶には水だけを入れておいて、洗剤が入った桶の中で洗った食器を移動させます。

水だけの桶に移したら、もう十分にきれいになっています。

そしてあとはすすぐだけできれいになります。

節水コマというものを使うことで、水道代の節約をすることができます。

節水コマは、蛇口についているコマです。

水の量などを調整する機能を持っています。

蛇口の上のバルブを回したときに水が出てきますが、水の流れを止めたり出したりする機能を持っているのがコマです。

このコマを調整することによって水の量などを調整しています。

そのコマを変えることで節水することができます。

節水コマは水道局などで無料配布しているものがあります。

一般の蛇口(13ミリメートルの単水栓)に取り付けることができるように設計されています。

給湯用の蛇口は、すでに流量が調整されているために、節水コマの取り付けはしなくてもすでに節水コマに変わっています。

次にキッチンでできる節水方法は、お米のとぎ汁を活用することです。

お米のとぎ汁は、多くヌカというものを含みます。

米ぬか洗顔などという美容法が存在していますが、肌にいい成分を多く含みます。

このヌカが入ったコメのとぎ汁を手洗いなどに活用することで石鹸も必要なくなり、かなりの節約になります。

コメのとぎ汁は食器洗いにも使うことができます。

とぎ汁に汚れた食器をつけておくと、米糖効果によって油が落ちます。

この米糖効果ですが、陶器の汚れは、ただの水、パスタのゆで汁にくらべても圧倒的に汚れを落とす効果があります。

しかし、時間をかけすぎるとお米のとぎ汁に浮いた油滴が壊れて再度付着してしまいます。

陶器の汚れを落とす能力はありますが、プラスチックの容器ではこの汚れを落とす能力は活用されません。

ヌカが底に沈殿しますのでそのヌカを使って洗ってやればプラスチック製の容器でも汚れを取ることができます。

シンクの汚れもとることができます。

そのため、食器だけでなくてシンク周りの排水溝もとぎ汁できれいにすることができます。

食器洗い乾燥機の普及率は低いですが、長い目で見るとお買い得です。

水の量は手洗いの10分の1ですみます。

20000円台からあり、価格帯も5万円程度で多くの食洗器が販売されています。

水道代と時間を節約することができます。

全体の水を減らす方法としては、水道の元栓を閉めるという方法があります。

つい回しすぎて出しすぎてしまうという人はこういった方法も使えるかもしれませんね。

まとめ

案外馬鹿にならない水道光熱費の中の水道代についてみてきました。 いかがでしょうか。 どう感じましたか。 これだったら自分にもできるというものが見つかったでしょうか。 どれでもいいから試してみてはいかがでしょう。 おそらく水道代が減って、自分のお金のゆとりを実感することができるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

家計の中で案外気にしないけれど意外に高い水道代を節約する
Reader Rating 1 Vote