クレジットカードによる破産が急増中?計画的かつ有効に活用する5つのポイント

クレジットカードって持ってると何だか安心感ありますよね?

本当ならクレジットカードなんて持たなくて済むのが一番!

だって、クレジットカードを使うってことは、借金するのと同じようなものですから。

そんな理由から、絶対にクレジットカードは作らない・持たないという人がいらっしゃるのも事実です。

それはそれで正しい考え方だと思います。

でも、きちんと計画的に無駄なく使うのであれば、クレジットカードは便利な物でもあるのです。

しかし、一歩間違えると大変な事になる危険も伴っています。

今回はそんなクレジットカードが持つ利便性や危険について掘り下げてみたいと思います。

1.クレジットカード、どんなことに使っていますか?

クレジットカードを使う理由でやっぱり圧倒的に多いのが、通販や、ショッピングでしょうか。

改めて言うまでもありませんが、クレジットカードには他にも利用方法がありますよね?

そう、キャッシングとカードローンです。

ショッピングでの利用は当たり前のことですが、お買い物の時にカード会社に立て替えてもらって買い物をするということです。

現金で払うのと違って、分割なのか一括なのかを選ぶことも可能です。

ですから多少高額な買い物でも手が届くという利便性があります。

一方、キャッシングやカードローンはお買い物に使うのとは違って、あからさまに現金を借りるという行為です。

ショッピングでの利用とは違って、この方がいかにも「借金」という感じがします。

聞こえは悪いですが、実際のところ、これが実に簡単でしかも助かるわけですね。

簡単だということは気軽にこの「借金」をしてしまうことが出来ます。

ちゃんと返済すれば大丈夫!それはそうなんですが、その返済が滞ってしまって、大変なことになっている人が本当に多いのです!

2.そもそもクレジットカードを使うということは「借金」です!

つい先日、あるニュース番組で特集として取り上げていました。

クレジットカードによる破産が急増しているという内容です。

昔はクレジットカードといえば、審査が厳しくなかなか持てませんでした。

クレジットカードを発行している会社も、JCBやVISAなどのクレジット会社や銀行が主でした。

それが今では、以前は消費者金融だった会社を銀行が吸収したりして、

いわゆる銀行系クレジットカードというものが出てきたり、家電量販店がクレジット機能が付いたポイントカードを発行したりとその多種多様性は驚くばかりです。

しかしこれには思わぬ落とし穴があります。

そう、気軽にクレジットカードが持てるということです。

確かに入会には審査があります。それはどのカード会社も必ず行なっています。

しかし、顧客獲得の為に審査の基準がかなり緩められていると言うのです。

誰でも最低限の基準さえクリアしていればクレジットカードを持てるというわけですね。

その結果、安易にクレジットカードを使って、気が付くと返済能力を越えてしまって破産となるのです。

自分は本当に必要な時に、買い物以外では使わないよ!なんて言っている人も、いつかはキャッシングやローンに手を出してしまう危険があるのです。

なにしろ、ATMに行って、カードを入れて、いくつかのボタン操作だけでお金が借りられるのですから・・・。

クレジットカードで借りるのが簡単過ぎるからこそ、返済も簡単だという錯覚に陥ってしまうのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2