そろそろリフォームしたいと考えている方!予算はいくらくらい?

夢のマイホームを手に入れて長年住んでいるとやっぱりリフォームしたくなりますよね?

当然の事ですが、マイホームを手に入れて長年住み続けていると、生活スタイルも変わってきます。

子供が大人になって巣立っていったから夫婦二人ではちょっと広過ぎる。そろそろ夢のアイランドキッチンが欲しい。

外壁が傷んできた。

間取りを変えて気分を一新したいなどなど・・・。

その理由はその家庭、その人それぞれでしょう。

特に注文住宅ではなく、戸建て売りしていた家を買った場合はそんなリフォーム願望が強くなってくるそうですよ。

注文住宅なら最初から建築会社や設計士さんを交えて家族が希望する設計デザインの家を一から建てていくわけですから、そうそうリフォームしたくはならないそうですが・・・。

戸建てで売られていた家は、住む人の希望をふんだんに盛り込んだ家ではなく、一般的に人気のある間取りや内装で建てられたものなわけですから、全体的には気に入っても、細かいところで気に入らない部分がどうしても存在します。

そこがリフォーム願望に繋がることが多いようです。

リフォームは思っているより結構面倒!?

リフォームをすると気分も変わって住みやすい家に住めるというメリットも多いと言われますが、果たしてそう簡単にいくのでしょうか?

実はリフォームをするにもかなり面倒な作業が待っています。

順を追って解説していきますと、まずは今住んでいる家のどこをどんな風にリフォームしたいのかを家族でしっかり話し合う必要があります。

やみくもにリフォームをすれば無駄にお金が掛かってしまうからです。

既に住宅ローンで毎月一生懸命返済している上に、無駄なリフォームローンを組むと新たな生活を楽しむどころではなくなってしまいます。

例えば、外壁をリフォームしたいとします。

これは家のどの部分でも言える事なのですが、規格も材質も全ての家が統一されたものというわけではありません。

ですから絶対にこうだという決まった金額は出ません。しかし、一般的な戸建て住宅の一般的な外壁のリフォームで必要とされている平均的な金額を調べてみました。

すると、目安となる外壁塗装・外壁工事リフォーム費用は50~150万円で、中心となっている価格帯は100~150万円だそうです。

しかしこれはあくまで一般的な外壁のリフォーム費用であって、例えば耐震・防火に強い材質の外壁に取り替える工事となると更に多くのお金が必要となります。

また、エコ住宅が近年は注目されていますが、これに国の補助金が出ることはよく知られています。

しかし、国が補助金を出すということはそれだけ高額になるということが言えます。

太陽光パネルを取り付けて自家発電、あるいはエネファームなどガスと電気を組み合わせたエコ発電システムなど、いずれも大掛かりな工事が必要になります。

大掛かりな工事が必要だということはそれだけ費用が掛かるとも言えるのです。

どこをどうリフォームしたいかが決まったら次は施工業者の選定に入ります。

これもとても大事です。

中には必要のないリフォームまで押し売りする悪質な業者もたくさんあります。

信頼できる業者を時間を掛けて探す必要があります。例えば、今住んでいる家を買った不動産屋さんに紹介してもらうのも良いかも知れませんね。

さあ、リフォーム箇所も決まった。施工業者も決まった。次は実際の金額交渉とお金の準備です。

施工業者とは自分の希望を正確に伝え、それを実行したら金額はいくらになるのかを明確にしてもらいましょう。

見積書を正式に出してもらって、納得することが絶対必要です。

そしてそこまで行ったら最後に銀行です。

銀行の窓口でこのリフォームに掛かる費用を借りるわけですが、これは現在住宅ローンを組んでいる銀行に行くのが最も手っ取り早い方法だそうですよ。

どうしてかって言うと、既に住宅ローンの支払い実績が銀行に残っているからです。

毎月決まった引き落とし日にきっちり支払いが出来ていて、信用がありますし、万が一の時はその家を差し押さえることも出来るわけです。

繰り上げ返済まで真面目に頑張っている家なら尚更、銀行からは信用されていますから、借りやすいとなるのでしょう。

リフォームをする時には施工業者を慎重に選びましょう!!

先にも述べましたが、リフォームをするには施工業者を選ぶ必要があります。

例えば、キッチン周りを得意としている業者もいれば、外壁の工事を専門にしている業者もあります。

また、総合的に何でも請け負ってくれる会社もありますが、この場合も結局はその分野を得意とする下請け業者に工事を請け負わせます。

ただ、この総合的に請け負ってくれる会社に頼むのがちょっと心配なんですね。

引き受けてくれて契約するのはその会社ですが、その会社がどんな下請け業者を使っているかまでは分かりませんよね?

余程有名な会社だと安心じゃないの?と思われるでしょうが、実は案外そうでもないようです。

記憶に新しい事件でも分かるように、業界最大手の不動産会社が施工主で建築されたマンションの杭の問題です。

あれも言ってみれば有名大手企業が下請けにさせた工事ですが、その下請け業者がとんでもない手抜きをしていたあの事件です。

そんなニュースを見てしまうと、有名企業でも完全に信用することは出来ないんだなぁという気持ちにもなります。

そこで大切なのが、やはり自分の目と耳でしっかり確かめるということなのです。

例え小さな個人の業者さんでも良心的で真面目にやっておられる会社もあります。無名だからと言ってちゃんとした仕事をしていないということにはならないのです。

別に大手の企業はみないい加減だとかそんなことを言っているのではありません。

しかし、その会社があなたにとって一番良い会社かどうかは、自分で判断するしかないのです。

悪徳なリフォーム業者だけには気を付けましょう!!

ちょくちょく耳にするのが悪徳業者に引っ掛かって高額な請求をされたという問題です。

これは現実にはそう簡単には引っ掛からないだろうという過信が人の心にはあるからだとも言えますが、そうとばかりも言えないのです。

こうした悪徳業者は、詐欺師的な巧みさであの手この手で高額なリフォームをさせようとします。

中には、リフォームの必要がない場所をわざと壊しておいて家主に見せ、リフォームさせたりという事例も報告されています。

そうならない為にも、日頃から自分の家には常に関心を持ち、どこがどれくらい傷んできているかなどを把握しておく必要もあるでしょう。

私の知り合いの不動産会社の社長さんからも同じような話をよく聞きます。

そんな悪徳業者は業界内でも割と情報が回っていて、分からない時は信用出来る不動産屋さんに問い合わせてみるのも良いとのことでした。

それはそうですね。同じ業界内での噂や事例は同じ業界の人に教えてもらうのが一番です。

悪徳リフォーム業者に引っ掛かってしまったらどうしたらいい?

充分注意していたにも関わらず、何の因果か悪徳業者に引っ掛かってしまって、高額な費用を請求された時はどうしたいいんでしょう。

これはその契約がどこまで進んでいるかで大きく対処法が異なってきます。

私が購入したマイホームでは、仲介してくれた不動産会社が紛争調停専門の会社を紹介してくれました。

別にまだ何も問題は起こっていませんが、今後、何らかの形で建築会社やリフォーム業者との間で問題が発生した場合に相談できる窓口だというのです。

これはこれで安心感がありますが、問題は結構複雑なようです。

例えば、まだ業者が来て見積もりを出した段階で「おや?」という疑問が出てきたレベルでは、断ることは出来ます。

相手がしつこく迫ってきて断り切れず、困ってしまった場合は不動産会社に間に入ってもらうとか、紛争調停会社に相談するなどの対応が可能です。

これならまだ被害は受けずに済む可能性が高いです。

しかし、見積もりをちゃんと確認せず、工事着工とか、工事が済んでしまった段階で問題が発生した場合は少々厄介だというのです。

これは、施主の責任も問われかねないからだそうです。

つまり、事前にしっかりと見積書や契約書を確認していない、あるいは交わしていないことが原因の一端であると判断されてしまうからです。

余程、この手の問題に精通した実績ある弁護士に頼んだ場合でも、こちらが完全に納得できる結果に結び付かせることは困難だそうですよ。

結局は、しっかりと慎重に業者を選んだ上で、見積もり現場に立ち合い、いちいち納得した状態で見積書を出してもらい、施工内容と金額が適正かどうかを確認しましょう。

この時点で無駄な見積もりやおかしな金額があったらはっきりきっぱり断るべきです。

それでも駄目だった場合はなるべく早い内に取引実績のある不動産会社や、不動産会社が紹介してくれた紛争調停会社に相談することをお薦めします。

リフォームは新しい生活のきっかけにもなる楽しみな行為でもあります!

ここまではちょっと怖いような、あまり楽しくない話題ばかりだったようですが、本来リフォームとはそんなものではありません。

リフォームはこれまで住んできた我が家を、これからの新しい暮らしに向けて改築・改修する楽しみな行為でもあるのです。

今まで住んできた家だからこそ、細かい問題点や使い勝手を熟知していますし、ここはもうちょっとこうだったらいいのにとか、ここは気分を変えてガラリと雰囲気を変えたいなどなど・・・。

そこを思い通りにリフォームするのは、考えるだけでも楽しいではありませんか!

もっと大掛かりなリフォームを考えたいなら、「新築そっくりさん」なんかもお勧めですね。

住み慣れた家がまるで新築みたいに生まれ変わるわけですから、新築を購入するより安い金額で新築っぽい家が手に入るわけですから。

私も自分の家をリフォームするならこの「新築そっくりさん」は外せない検討事項かなと思っています。

いささか個人的主観も入りますが、リフォームに関するまとめ!!

やはりリフォームを検討するきっかけは、経年劣化が主なものとなるのでしょうか? しかし例えば、2世帯住宅に増改築するなんてのも良く聞く話ではありませんか? これは核家族化が進んでいると言われ、孤独死を余儀なくされるお年寄りも急増している現代では喜ばしい話でもあります。 生まれてから成人して自分の家庭を築くまで育ててもらった両親への感謝の想いを込めて、2世帯住宅にして、両親の老後をしっかりお世話する。 そんな親孝行なリフォームなら、エコ住宅に負けないくらいの補助金を国も積極的に出しても良いのではないかと思うくらいです。 また、リフォームをきっかけにして、夫婦関係や親子関係の新しいあり方を見出すのもとても良いことです。 大金を掛けてリフォームするなら、単に家を増改築するという客観的な理由だけではなく、このような温かい理由づけがあっても良いのではないかと私は思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!