クレジットカードはポイントの出口から選ぶ

ポイントは【出口】が重要!還元率と出口となる還元先は必ずチェック!

クレジットカードは選んで持つ時代!とはいえ、還元率にばかり目が行っていませんか?

せっかく貯めたポイントも、利用するのが難しかったらとてもお得とは言えませんよね。

還元率も大事ですが、なによりも貯めたポイントが何に使えるかを要チェック!クレジットカードの【出口】ともいえる還元先からメインカード・サブカードを選びましょう。

クレジットカードのポイントの出口とは

いまや社会人ならだれでも持っているといっても過言ではない【クレジットカード】ですが、様々な種類のカードが世の中で発行されており、ポイントカードを作ると一緒にクレジットカード機能もついていた…なんてこともあるのではないでしょうか。

インターネットが普及したことによるクレジットカードの利便性もさることながら、近年注目を集めているのはクレジットカードの【ポイントによる還元】です。このポイント制度によって、単純に現金で決済をするよりも、クレジットカードで支払いをしたほうがお得になります。

様々なポイント制度をクレジットカード会社各社が用意をする中で、ポイント還元率が高いクレジットカードも多数登場しましたが、クレジットカードによって手続きの方法はバラバラであり、高還元だけどポイントが貯めにくい、ポイント交換商品に変えにくい、変えれても時間がかかるものが数多く存在します。

せっかくお得にクレジットカードを使うなら、ポイントの使い道、つまり【出口】を意識したクレジットカードを選んでいくことをおすすめします。

せっかく高還元率のカードを作っても、特定のあまりいかない店でしか還元されないならば、あまりお得じゃありませんよね。

ポイントの出口である交換先にこだわったカード選びを行いましょう。

ポイントの出口は【現金】が望ましい

せっかく集めたポイントを何かに還元するのであれば、やはり一番望ましいのが【現金】です。

いうまでもなくどこでも使えるだけに、是非現金還元のポイントを集めたいところですが、最終的に現金になるクレジットカードは、比較的他社よりも還元率は低めに設定されています。

ポイント制度自体が顧客を囲い込むためのマーケティング戦術であり、特定のお店でしか使えないポイントというのは、ポイントの価値設定を強気で設定することができます。

理由は【特定のお店でしか使われないから】です。お客様に再来してもらうために、お得なポイント制度を導入しているわけですから納得ですね。

しかし、これが現金還元となると、強気の価値設定というわけにはいきません。現金でかえしてしまうと、その現金が自分のお店に帰ってくるとは限らないからです。

近年では現金還元のクレジットカードも存在しますが、改悪され、あまり高還元のクレジットカードはなくなってしまいました。

最近ではクレジットカードよりも【デビットカード】のほうが現金還元に力を入れている様子もうかがえます。

ソニー銀行の【Sony Bank WALLET】は預金額に応じて毎月の還元率が変動し、一月の決済額の0.5%が翌月に現金で口座にキャッシュバックされます。

なんと最大2%のキャッシュバックが翌月に口座に振り込まれることになるので、下手にクレジットカードを使うよりも還元率が高い場合もあります。

しかし、デビットカードは利用できる決済が限定されています。ガソリン満タン給油のような、ガソリンを入れてみないといくらになるのかわからないような決済や、電気代・電話代などの支払いには利用できないことがほとんどです。

これらの決はほかのクレジットカードで補いながらデビットカード決済で還元率を求めるのがよいでしょう。

参照元:ソニー銀行
http://moneykit.net/sbw/

 

利用金額から【キャッシュバック】や【値引き】してくれるクレジットカードを選ぶ

現金還元してくれるクレジットカードが少ないなら、請求から値引きしてくれるカードや、直接支払額に充当・キャッシュバックをしてくれるクレジットカードを選ぶのも良い方法です。

本来請求されるはずだった金額から相殺してくれるということで、カード会社からみても出金の手間がかからないため用意であり、自社の利用にのみ制限して割引を行うことも可能です。

ガソリンスタンド大手の発行するクレジットカードでよく利用される還元方法です。

月間の請求で何リットルまでは2円引きなど、顧客の囲い込みと顧客のお得感を満たすことを同時に行えます。

車を普段から使う方は近隣の安値のガソリンスタンドで発行しているクレジットカードを作るのがお得ですが、どこで給油するというのを決めていない・そこまで車にわざわざ乗らない方におすすめなのはポケットカード株式会社が発行するクレジットカードの【P-one Wiz】カードです。

カードの請求金額から1%引いて請求してくれるというわかりやすいお得を得ることが出来ます。値引き対象外の商品もいくつかありますが、基本的にほとんど1%オフにすることが可能のため非常にお得です。

また、【P-one Wiz】カードは値引きしたうえにポイントもくれるという優れもの。1,000円に対して1ポケットポイントが付与され、1ポケットポイントはTポイントなどに交換可能になっており、最大で0.5%還元です。1%値引きのうえで0.5%還元のポイント付与をしてくれるので、合計で1.5%という高還元を実現しており、それなのに年会費は無料となっています。

国際ブランドもVISA・Mastercard・JCBから選べるため、メインのカードと国際ブランドが同じにならないようにチョイスして、ポイントよりも値引き要員として満遍なくお得にできるサブカードとして持つこともおすすめできます。請求時にすでに1%引いた状態で請求をかけてくれるというのが煩わしくなくていいですよね。

ポイント交換系のクレジットカードにはないキャッシュバック系のメリットといえるでしょう。

参照元:P-one Wiz
http://www.pocketcard.co.jp/card/card_ponew.html
 

楽天やTポイントなどの共通ポイントを出口にするカードを選ぶ

現金還元やキャッシュバックで良いカードと出会えないのであれば、大手共通ポイントの【楽天スーパーポイント】【Tポイント】【Pontaポイント】が貯められるクレジットカードを選びましょう。

利用できる店舗が多く、特定の店舗では現金のように利用することができます。一昔前の銀行系クレジットカードと呼ばれた銀行が提携しているクレジットカードなどは、還元したポイントで交換できるものの多くはアイテム交換やギフトカードでした。

アメリカン・エキスプレスやセゾンカードのように、実質無期限で徹底的にポイントを貯めて目的の旅行と交換!といったものなら満足できるまで貯めることも可能ですが、基本的に銀行系とよばれたカード達の交換商品はなかなか渋い内容で、還元率はおそらく計算しないほうが精神的にいい、といったレベルでした。

ギフト券に交換しても届くまで時間がかかるうえに利用できる店舗が限られているので家にギフト券が貯まっていく…という体験をされた方も多いはずです。

その点、大手共通ポイント【楽天スーパーポイント】が直接貯まるクレジットカードの【楽天カード】は100円ごとに1ポイント付与、1ポイントは1円から利用でき、ポイント有効期限も事実上なしにできるのでおすすめです。

楽天といえばインターネットの【楽天市場】が最初に思い浮かぶかと思いますが、コンビニの【サークルK・サンクス】でも1ポイント1円として利用することができます。毎月の固定費の支払いを楽天カードで行い、貯まったポイントで挽きたてのホットコーヒーを飲むのもなかなかいいものですよね。

クレジットカードのポイントから大手共通ポイントに移行できるカード会社も数多くありますが、ポイントの移行手続きなど煩雑な作業が伴うことも多いので、シンプルにポイントを貯めて使える楽天カードをおすすめ致します。

参照元:楽天カード
http://card.rakuten.co.jp/

まとめ

【ポイントの出口からクレジットカードを選ぶ】はいかがでしたでしょうか。【還元率2%!!】とうたってあるといかにもお得な気がしますが、ポイントが2%加算されても還元しようと思ったら実際は 1%分のポイントにしかならなかった…ということも結構あるクレジットカード業界ですので、出口となるポイントの還元先は念入りにチェックを行いましょう。 有効期限内にポイントを貯め切れても、いざ使うときに手続きが非常に面倒…というパターンも提携カードにはよくあります。 極力シンプルでわかりやすいクレジットカードを選ぶことがお得への近道です。マイルや共通ポイントのように貯めたい・よく使うポイントに的を絞ってクレジットカードを選んで、あなたもお得ライフを満喫しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

クレジットカードはポイントの出口から選ぶ
Reader Rating 1 Vote