無駄な出費を見直し節約する5つの方法「いつもニコニコ現金払いは効果的なのか?」

家計の出費の無駄を知ることが1番の節約

皆さんは、月の収支を把握していますか?

節約を始める前に、何にどれくらいお金を使っているかが把握できていないと、無駄な出費のどこを削るべきなのかがわかりません。

ここでは、毎日続けられるような収支の見直し方法をご紹介します。

 

1.無駄な出費を見直し節約するには財布を分ける

皆さんは自由に使える自分のお小遣いと、食費や日用品などの家族のために使うお金でお財布を分けていますか?

もし、まだ月にいくら使っているのかの把握がうまくできない人は、無駄な出費を見直し節約するために大至急財布を分けることをオススメします。

なぜ財布を分けたほうがいいのかというと、まず第一に、パッと見ただけで項目ごとの残金がわかるという点です。

やはり、実際に買い物をしてから家計簿をつけ、残金を把握するということにすると、忙しい方はなかなかその時間が取れなかったりしますよね。

そのため、そのまま全部一緒の財布を使っていると、今月の食費はあといくら残っているのだろう?とわからなくなってしまいます。

もし、財布を分けていたとしたら、家計簿をつける時間が取れていないときでも、財布の中にあるお金=今月の残りのお金になるので、すぐにいくら残っているのかが把握できますよね。

そして2点目が、努力が目に見えてわかるという点です。

月の食費は30000円にしよう!と思って、財布の中に30000円入れてあるとします。

しかし、その月は安いスーパーに行ったり料理を工夫したりして25000円に食費が抑えられたとしましょう。

実際家計簿をつけていなかったり、財布を別にしていなかったら5000円も節約できたことがわからないままですよね。

「なんとなく今月はあまり使ってない気がするなぁ」というレベルで止まってしまいます。

それを、財布を分けることにより、食費の財布に5000円残っているのが見てわかるので、「今月は頑張ったから5000円も残せた!」となることができるのです。

やはり努力の結果というのは、目で見てちゃんと分かったほうが嬉しいですし、これからもまた頑張ろうという気になりますよね。

どのくらい使っているか把握できることはもちろんのこと、そういった自分の節約へのモチベーションを保つためにも財布を分けることはとてもオススメです。

2.節約するためには家計簿アプリを使う

皆さんは無駄な出費を見直し節約するために家計簿をつけていますか?

お店にも、家計簿仕様になっているノートも売っていますし、レシートを無地のノートに貼っている人などもいるかと思います。

しかし、毎回毎回買い物をしたら、家計簿に記入して、のりでレシートを貼って…と言うのはちょっと面倒臭いですよね。面倒臭くて3日坊主になってしまったら元も子もありません。

そこでオススメするのが、「家計簿アプリ」です。アプリを検索する際に「家計簿」などと検索すると沢山出てくるかと思います。

その中でも私がオススメしたいのが、レシート読み取り式の家計簿アプリです。これは、カメラを起動してレシートの写真を撮ると、そのレシート内に書いてある、買ったスーパーや日時、買い物した物の名称や値段などを読み取ってくれるのです。

沢山買ってしまった日でも、写真を1枚取ればすぐに家計簿に記録されるので面倒くさがりの方でも続けやすいかと思います。

もちろん、有料アプリもありますが、無料でレシートを読み取ってくれるアプリもありますので、是非使ったことない方は試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2