諦めないで!車を安く買う方法は本当にあるぞ!

shutterstock_305567459

一生に何度もない車の購入は安く買う方法を活用すること

車のローンを毎月生活費のなかから捻出している人はたくさんいます。

ローンといえば車がすぐに思いつくほど、家計の中でも大きな出費になっています。

では車を安く方法ってあるのでしょうか。

早速その秘密をご紹介しましょう。

下取り価格の注意

ディーラーで新車を買うのはとても勇気がいること。

大手のディーラーではよく展示会などを開催して、顧客獲得のために頑張っていますよね。

新車を購入する時にまず聞かれるのが下取り車があるかどうか。

この下取り価格が落とし穴になっているのです。

特に新車の場合はディーラーですでに決まっている値引き額があります。

新車の場合は値引き額が少ないため、セールスマンが良く使う技が下取り価格のアップです。

しかしここで騙されてしまうとお得な買い物をしたような気持になりますが、ディーラーの下取り価格は落とし穴があります。

新車の契約を条件に下取り価格を高くするというやり方がよくあるようですが、それでも実際には市場の下取り価格よりも安いということがあります。

そこで今まで乗っていた車を下取りして新車を購入する場合は、まずは適正な自分の車の価値を知る事です。

中古車買取業者では高額で買い取ってくれる場合もありますので、一度見積もりをしてもらうと良いでしょう。

もしくは自分でネットオークションをチェックして、いくらぐらいで取引されているか情報を収集することも大切ですね。

買取業者に買い取ってもらう場合は、ディーラーよりも高額になることが多く、しかも新車購入などの条件がなく値段が決まります。

ディーラーは新車を売るのが目的のため、色々なお得感をアピールしてきますが、まずは新車の値引き率は高くない点と下取り価格も期待はできないことをよく覚えておきましょう。

好きな車種を購入するには多少の出費は仕方がないのかもしれませんね。

違う車種と比較すること

自分が欲しいと思う車はメーカーもデザインもすでに決まっているという人がほとんど。

車は生活の手段として乗るのであればできれば経済的な車が理想ですよね。

しかし独身者がなどが車を購入する場合は車種を限定していることが多いため、なかなか他との比較をしない点が落とし穴なのです。

車を購入するのはとても大きな出費。

ローンも何年も抱えて生活の負担になります。

どうしても欲しい車種が決まっている時は、それだけにこだわらずにほかのメーカーで同じようなデザインの車と比較してみましょう。

同じワゴン車でも違うディーラーならば特典や値引き率が違うかもしれません。

また大切な維持費の面もチェックしてみると、燃費の違いもはっきりと判ることでしょう。

車を購入する時はこだわりを一度捨てることが大切です。

特に男性の場合は自分の好きな車が決まっているため、安くなくても勢いで購入してしまう場合があります。

しかし大切なことは買う段階だけでなく、その後の維持費なのです。

そこで将来的に少しでも経済的にするためには好きな車種以外も必ず比較をすること。

ちょっとだけ味方を変えれば同じメリットのある車を見つけることができますよ。

ディーラーの見積もりは意味が分からない数字がたくさん。

手数料なども本当に必要なのかどうか、わからないことは納得がいくまで質問しましょう。

そして必ずほかのメーカーとも交渉中である点を伝えてください。

価格競争が激しい地域では、少しでも安くする為に色々な特典やサービスをつけてくれるかもしれません。

まずは色々と車種を比較することが大切なポイントですよ。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2