金銭感覚のズレがパートナーとの亀裂を作る4つのパターン

shutterstock_412076092

金銭感覚の違いは人間関係に影響すると考えたことありますか?

誰もが金銭感覚がない人と言うのを男女関係のパートナーとして選びたくないと思うのは当然の事ではあると思います。

しかしそれだけでなく、金銭感覚が自分と近くない相手を男女の関係におけるパートナーの相手にすると言うのもまたあまり良い選択ではないと知っていますか?

世の中で生きるために必要なもののひとつは間違いなくお金である以上、

人間関係全てに金銭感覚と言うもののズレは不仲をもたらす要因ともなりえますが、

男女の間のパートナーと言う更に特別な人間関係においてその影響はかなり大きく、

その為、基本的には男女関係でのパートナー、特に結婚相手を決める時には相手と自分との金銭感覚が違いすぎていないかどうかを確認することが実はとても大事な事なのです。

どうしてそこまでお互いの金銭感覚が違うことが男女間の人間関係において重要な事であるのか?

そしてどういう事に対する金銭感覚が男女間では特に重要となるのか?

またどんな時にそうした金銭感覚の違いはわかるものなのか?

今回の記事はこうしたことを4つの具体的な事柄に分けて紹介させていただこうと思います。

あなたとあなたのパートナーとの金銭感覚の大きなズレが不仲の原因になったりしてはいませんか?

1.食事においての金銭感覚のズレ

最初にチェックして欲しい男女関係の不和をもたらす要因となる金銭感覚のズレは食事においての金銭感覚のズレです。

どうしてこれが大事な金銭感覚がわかる瞬間なのかと言うと、現代の日本人の消費するお金の3分の一を食べ物が占めているからです。

勿論いつもいつも高級品ばかり食べたがるパートナーは良くないとか、

あまりにも食費をケチるような相手とだとうまく行かなさ過ぎるというのは誰にでも分かることではあると思いますが、

そこまで極端ではなくても食べ物に使うためのお金の金銭感覚のズレは以下のような問題を生みます。

例えば食べ物の中で最も高額になる事の多いになる外食をする時。

この時において将来問題となりそうな金銭感覚のズレとして考えるならば、

一人だけが「これぐらいのものなら高くても仕方ない」と思っていてもその相手が「食べ物が高いだけで勿体無い」と言う金銭感覚を持っていたなら相手にとってはその食事が心から楽しめたとは言いえない状態になります。

美味しい物とは限りませんが、良い物は大体高いですので美味しい食べ物にある程度こだわりがあったり、

美味しい物や珍しいものを食べるのが趣味と言う人とそうでない人と言うだけでけっこう金銭感覚と言うのにはずれがあるものなのです。

個人の好みと合うかどうかなどという事についてはけっこう気にする人も多いのですが二人で食事をする時に発生する金額についてもお互いが合意できなければ意外と食事は楽しくなくなります。

パートナー特に結婚してからは食事する時が最も相手と顔を合わせている時間となる訳ですからその時間が楽しくないのは大問題になりかねません。

そのためお互いの食事に関する金銭感覚のずれがどこかにないかを一度考えて見る必要があると言えるのです。

2.浪費の基準の違い

続いての男女間での不和を発生させかねない金銭感覚の違いとして紹介するのは「浪費の基準」についての金銭感覚のズレです。

浪費とは何か?そう聞かれたなら殆どの人は「無駄な出費の事である」という事までは誰でも共通して思うことです。

しかしそこから更に深く突っ込んで、「では何を持って無駄と言うのか?」と聞いていくとこの答えは人によって千差万別になります。

例えばヘビースモーカーの人であったらタバコ代は浪費では無いと言う人も多いですし、お酒を毎日飲む人はそのお金は必要な金額であると考えている事でしょう。

女性の化粧品の金額や、衣服の値段も男性の多くの方からすると高すぎる浪費と思われることも多い者の代表ですね。

男女双方にとって問題が発生するのは趣味についての金銭感覚。

多くの人が無駄だと言う課金ですらも自分の生きがいであるゲームを楽しむための必要な消費であると言う人もいれば、ゴルフを始めとするスポーツ用品を信じられない金額を趣味に使っていると驚く人もいるのです。

こうして考えていただくと分かるように実際に浪費に関しての基準と言うのはけっこう一人一人違うものです。

その為あまりにも自分にとっての浪費の基準と相手にとっての浪費の基準が違いすぎると理解できずに確実に将来問題を起こします。

例えば結婚してから収入の半分近くを何年間も「必要だ」と趣味につぎ込まれ貯金が作れない毎日の中、あなたは相手をそれでも愛せるでしょうか?

ちょっと嫌な予感がするならこの金銭感覚のズレはお互いに埋める努力をする事をお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2