格安航空のLCCを使うメリットとデメリットとは?

shutterstock_241896625

値段が安い魅力以外にもデメリットを理解しておこう

夏休みなどの長い休暇には飛行機に乗って遠くまで旅行をしたくなりませんか。

値段が高いメジャーな航空会社とは格差があるLCC。

お得なチケットが買えるメリットがありますが、人気の理由はそれ以外にもあるようです。

ではLCCのメリットとデメリットについて早速ご紹介しましょう。

なんといっても格安の航空券

LCCはLow Cost Carrierの略で、コストを抑えて安い値段の航空券を提供する会社のサービス。

近年とても話題になり、国内、国外とも人気がありますよね。

LCCを使うメリットは何といっても価格。

飛行機での旅は憧れでも、実際は値段が高くてなかなかいけない現状があります。

そこで登場したLCCの航空会社は、飛行機とは思えないほどの激安の料金でサービスを提供しています。

キャンペーンでは東京沖縄間も1万円をきるほどの激安。

これなら諦めていた家族旅行も夢ではありません。

通常のメジャーな航空会社に比べると運賃は最大で半額程度の割引率がありますので、仕事や規制で飛行機を乗る機会がある人には大変お得ですね。

国内では主要となる空港にはほとんど乗り入れをしているため、そこを拠点にさらに安い旅行も可能になりました。

遠方へ安く旅行をするには、車で移動するかもしくは高速バス。

しかし移動が大変で何よりも時間がかかるデメリットがありますよね。

値段が安ければ飛行機に乗って出かけるのが一番便利です。

LCCは安い価格を戦略に顧客数も一気に増えていますが、今では国内だけでなくアジア諸国にも乗り入れいるため、激安海外旅行もできるメリットがあります。

このようにLCCがダントツに激安でサービスを提供しているため、最近では大手の航空会社も価格競争が激しくなっています。

早割などの特別な割引制度により、少しでも顧客を増やそうと必死になっています。

利用者にとってはLCCの存在があるからこそ、安い航空券があちこちで手に入るチャンスになっているのです。

新しい機材に乗れる

LCCは最近のブームにもなっていますが、次々と新しい会社もスタートし、常に新しいサービスが話題になります。

LCCは格安航空券である以外にも、会社自体が新しい為に使用する機材も新しい点がメリット。

また古い機材では燃費が悪いため、原油価格に左右されるこの業界ではいかに効率良い機材を使用するかが売る上げにもつながる重要ポイントになっています。

機内の清潔感や見た目の新しさは利用客が快適に旅ができる大切な点ですよね。

また古い機材よりも故障が少ないため、緊急着陸などの怖い思いをする確立も低いといわれています。

LCCはすべてのコストを抑えることでサービスが実現するため、燃料費のコストや燃費は大切です。

また従業員の数や機内のサービスなども、有料にすることで航空券代を安く抑えることができます。

国内旅行ではフライト時間も数時間とそれほど長くない為、激安の飛行機でも不安なく乗れるという利用客が増えていますよね。

どうせ旅行に行くなら少しでもお得に旅をしたいもの。

飛行機の場合は移動費がメインになるほど価格の負担があるため、LCCは飛行機の旅が身近になるチャンスでもあります。

大手の航空会社に比べると、座席の幅が狭いなどの問題はあるようですが、数時間のフライトなら全く問題はありません。

それよりも新しくて綺麗な機材に乗れること、安く航空券が買えることの方が利用客には魅力となっているのです。

最近ではLCCを利用したパッケージツアーも増えていますが、従来のものよりも値段が安く海外旅行もまるで国内のような価格帯で行ける点が大変人気になっています。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2