ゴールデンウイークにお金をかけないで過ごす方法


具体的な方法の究極視点は人混みに近づかないこと

最初にも伝えましたお金の集まる所とは結局は人が多いところです。

狭い電車の中で満員にするというのは少ない労力でお金をたくさん徴収することにほかなりません。

世の中がそうした仕組みにのっとって成り立っているのですからあたりまえです。

帰省をするときなどは最たるもので高速道路は30~50キロの渋滞は当たりまえです。

その人々が多く利用するPAやSAは年々大きくなり、あるいは新たに増設し、停車者を分散させて行ってさえいます。

その度にそこには大きなお金が落とされていきます。

行く場所がそもそも人の集まる場所であった場合には、その中で最も集まる場所に行かないようにする。

あるいはそこが肝心な要の場所であった場合にはそれ以外のものを短縮する等バランスをとるべきです。

世にいう穴場というものは、既に知られてしまっている時点で穴場ではなく影の人混み箇所といえます。

そういうことにもだまされないようにしなければなりません。

自分の目で見て確かめて利用者が少ないということで選ぶならば大いに穴場になるものです。

しかし得てしてそうした穴場は不便きわまりないです。だからこそお金がかからない。お金の使い道のない場所ということになるのです。

オーソドックスな旅行や施設で毎年お金をかけてきた分、

今年のゴールデンウィークはそうした、

スリリングかつエキサイティングな余暇を堪能してもいいかもしれません。

ゴールデンウィークにはこんな過ごし方もあります

毎日の生活状況の延長で大型連休を過ごすことに抵抗がある人は、節約等せずどんどんお金をかけていくべきかと思います。

そうしたことが日頃のストレス発散やあるいは、

余暇の充実で再び訪れる日常の連続にもリフレッシュして臨めることになるからです。

しかしながら、あくまでも大型連休とはいっても、

大事な自分の人生の一つの通過点だと思えるならば日常の連続の上で成り立っていることを認めてみることも必要でしょう。

でしたら、改めて何か特別なということを考えず、普段出来ないことをたっぷりと時間をかけて行うという時間をかけた過ごし方にしてみるのもいいかもしれません。

例えば絵を描いたりあるいは絵を見に行ったり。

文章を書いたりまたは、本を読んだりです。

音楽を演奏したり演奏を聴きに行くこともいいでしょう。

幸いにも絵は美術館に行けば格安で見ることも可能です。

図書館に行けば本もCDも無料で借りられます。

気に入る気に入らないもあるでしょうし、学べる学べないということもあるでしょう。

好みですからいたし方ありません。

それでも普段時間が取れなかった分大いに活用できれば相当有意義な時間も過ごせるはずです。

そういうことを経てあらためて次の年に、“実際あるいは実物”に出会えるチャンスをゲットしたものです。

反省の連続より目的をしっかり見直しましょう

お金をかけずに過ごす方法はそんなに難しいことではないとおもいます。 お金をかければ楽だからつい支払ってしまうというのが本音ではないでしょうか? 後で考えれば別に必要ではなかったと思えるはずです。 それだけに毎年後悔し、今年こそはかけまいとすることでしょう。 そうした時に是非何故自分はかけるのか?かける意味がある行為をしてしまっているのか?どうしたら改善できるのか? という疑問を是非冷静に考えて見てくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ゴールデンウイークにお金をかけないで過ごす方法
Reader Rating 1 Vote
1 2